banpaku88のウラナミ『海を知って!モット海を好きになろ♥』

banpaku88

banpaku88
・所属部:海洋事業局
・生育ち:東京都中野区弥生町1丁目
・波乗歴:24年(ショート/24年・ロング/5年)
・釣り歴:2年
・血液型:もう少しでB型(検査結果A型)
・好食物:スパゴのウニタラコイカスパゲティー、ZESTのブリトー
・好飲物:ジャスミン茶・麦酒/麒麟:グリーンラベル・ハートランド
・好歌手:安室奈美恵(CST歴5回:代々木/横浜/八王子/沖縄/FTTKDOME)
・好歌:S19B、Say the word、ROCK U feat
・尊敬人:プロアングラー児島玲子氏
・欲超人:MK、KAZUYA、ST

IMG_0520

皆さんお元気ですか?
banpakuのウラナミvol,41です。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
2018年も3か月が経過しもう春ですね~

さて、今年3回目のウラナミはこちら↓

「番外編:海を知って!モット海を好きになろう♥」です。

この目的はですね~
ウラナミを通じて「海のこと・天気のこと」を学んでいきたいなと!
といっても難しく考えるのではなく「簡単にシンプルに」をコンセプトに
「ことわざ・言い伝え・格言」などを中心に進めていきたいな~と思っております・・・
ので、皆さん優しく見守ってください~

————————————————————
さてさて、ではでは、今回はこちら

「ヤマセになれば鍋の中の魚も逃げる」です。

まず「ヤマセ」って何・・・?
「ヤマセ」とは、オホーツク海高気圧から吹き出す冷たく湿った東風のことです。
日本では、主に東北地方の太平洋側で、春から夏(6月〜8月)に吹くことが多いそうです。
なぜ、ヤマセは冷たく湿っているのかは、それは、寒流の親潮の上を通過してくる
風のために、冷たく湿って特徴をもった風になるそうです。

なるほど~

yamase

では次に、なぜ「ヤマセ」が吹くと鍋の魚が逃げるのか?

それはですね、一般的に言われているのは、東の風が吹く時に潮の関係から
漁模様がよくなくなると言われており、その影響により「鍋の魚さえも逃げていく」ほどに、
不漁となると言われているそうです。

また、陸地でも最高気温が20℃前後となる為、水稲を中心に農産物の生育にも
影響が出るので、春から夏にかけて北陸地方では、海でも陸でも「ヤマセ」は
重要な気象の要素となっているようです。

少し前の休日にノンフィクションの釣り番組をみていた時、
主演のマグロを狙う釣り師の方が、世界のマグロを釣りに遠征している時、
遠征先の海が時化となり一言コメントしたのが、今回のお題の
「ヤマセが吹くと鍋の魚も逃げる」という海と気象の言い伝えでした。

その後に海や気象に関連する「言い伝え・格言・ことわざ」などを
調べてみると沢山の情報がありました。少し調べてみただけでも、
とても興味深い表現があり「なぜなんだろう」と見入ってました・・・

そこで今年は、もっと海を知り、もっと海を好きなるべく
情報を集めてお届けしていきたいと思いまーす!

————————————————————

さてさて、もう少し寒い季節が続きますが、マリンレジャーへ
お出かけになる方は、是非とも波伝説の姉妹サイトで海専門の
気象情報サービス「海快晴」を利用してみてくださいませ~

↓詳しくはこちら↓
https://www.umikaisei.jp/static/umi_ADLP_201605/

それでは、またのウラナミで!

引き続き「Enjoy2018」してくださ~い!

banpaku88

最近の記事

関連する記事