「接触確認アプリ」の知っておかないといけないこと。|MINのウラナミVol.342

MIN

MIN
MIN/社畜暦19年/サーフ事業局所属/小笠原父島出身(実は湘南茅ヶ崎うまれ)/波乗り歴は25年以上/サーフィンと海以外の趣味は、ガジェット、カメラ、アクアリウムで、社内ではいわゆるオタ寄りな存在(?)
過去記事はこちら(ログイン不要)
LINE@でメッセージを送る

150403156901_TP_V

こんにちは。厚生労働省健康局からリリースされた『COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ』、通称『接触確認アプリ』について、『濃厚接触確認アプリ』という名称にかえた方が良いんじゃない? って思っているMINです。皆さんはもう、インストールされましたか?

リリースされた当初は、個人情報の管理のされ方などに気になることがありましたのでインストールを躊躇していたのですが、ざっと調べてみたところその心配は無さそうでしたのでインストールしてみました。

そこで、その時に調べたことをこの記事に記そうと思って改めて調べていたところ、僕は大きな誤解をしていることに気が付きました。他にも誤解されている方がいるかもしれないと思い、そのことを記すことに変更します。
 
 

接触確認アプリとは

接触確認アプリは、ユーザーが陽性者と濃厚接触をした時にだけスマホの中に記録され、ユーザーがそれをあとから知ることができるようにすることを目的としたアプリだと思っていました。もちろん、それを通知する機能があるし、アプリの画面から過去14日以内の濃厚接触について確認することができます。

しかし、どうやらもう少し奥深いようでした。

詳しく正確に知りたい方は、こちらの記事がわかりやすいです。
 
 

通知されないだけですべて記録されてる!?

よくよく読んでみますとこのアプリは、「誰かと1m以内の距離を保ち、15分以上の時間が経過した」時に、相手の情報をスマホの中に記録するというもので、その人が罹患しているか否かは問わないのです。

それ、どういう意味?

濃厚接触の可能性をユーザーが通知を受けたり確認できるのは、陽性者登録したアプリとの濃厚接触した場合だけで、それ以外のアプリとの濃厚接触については見ることができないだけで、過去14日間はアプリの中にしっかりと記録されているということです。

つまり、濃厚接触記録のあった誰かが、自分と接触したあと14日以内に陽性者登録した場合も、自分に対して濃厚接触の可能性を通知されることになります。

ですので、もしも自分が罹患者となりアプリに陽性者登録した場合、それまでに濃厚接触していた可能性のあるユーザー全てに、いっせいに濃厚接触通知が行われるということになり、その人と濃厚接触していた人が他の人にも気づかれる可能性が十分に出てきます。
 
 

人に知られたくない人間関係がばれる?

変な話ですが、「1m以内に15分以上」もいるような密な接触は、人によって異なると思いますが公共交通機関を使っている時以外はあまり起きないため、例えば会社や学校などのある程度個々を認識しあっている集団社会においては、誰かが罹患者となると同時に濃厚接触者が現れた場合、その人とその人の親密さを疑われる可能性があり、それが他の人に知られたくない場合は困ったことになる恐れがあります。

感染がわかったときに速やかに経路を把握して封じ込めることにとても貢献するアプリなので、皆さんにもぜひインストールしていただきたいのですが、これを読んでドキッとされた方は行動に気をつけた方が良いでしょう。

ちなみに僕は、今もインストールして運用しています。
 
 
MINのウラナミ過去記事はこちら

公式LINE@でMINにメッセージを送れます。
LINE@でメッセージを送れるようになりました。

最近の記事

関連する記事