☆加藤のウラナミ『雪山スクランブルキャンセル!?』

☆加藤

☆加藤
会社代表であり、波乗りと海が大好きなサーファーです。子どもたちに安心安全な海を残すことと、島国などへ高精細な気象情報を提供することを残る人生のライフワークにしました。サーフトリップネタが多くなりますがお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

kato

ニセコアンヌプリ山頂と羊蹄山

いよいよ気温、海水温ともに温かくなってきましたね!!
桜前線も北上し、いよいよ10連休のゴールデンウィーク(GW)が近づき、国内外のどこかにサーフトリップする予定が入っていて心がウキウキしているサーファーも多いことでしょう。
私事ですが、私の長女夫婦に三人目の子ども(次女)が誕生して、私は長女と次女の子どもを合わせると4人の孫に恵まれたグランパになりました。
4人の子宝と4人の孫宝にも恵まれ、神さまや天国から見守ってくださっているご先祖さまに心から感謝する次第です。
そのような事情があるため、今年の私のGWは、前半に千葉に短期のサーフトリップの予定を入れてはいるものの、その後は加藤家に里帰りして同居する長女の長男(7歳)と長女(5歳)の面倒を見る、孫守りのGWになりそうです。

目の中に入れても痛くないメッチャ可愛い孫たち

目の中に入れても痛くないメッチャ可愛い孫たち

鎌倉の自宅周辺は、GW中は道路も江ノ電も大混雑しますので、おそらく孫と一緒に歩いて行けるくらいの近くの山や海に繰り出すことが多くなると思います。

さて話は変わってタイトルのスクランブルキャンセル!?についてですが、4月17日(水)は寒波の影響で東京都内でも雪が降り、湘南の一部でもみぞれになりました。
関東北部の山では雪が二日間も降り続けていたため、友人から翌日にパウダーを求めて群馬県のスキー場に行かないかと誘いを受けました。ただし、波も良さそうなので、18日(木)午前中のうちにスノボを切り上げて、急いで鎌倉にCut Backしてサーフィンもしようと贅沢な「Snowboarding&Surfing」の計画となりました。
当初がっつりサイズが上がればサーフィンをしたいために雪山行きに難色を示していた私でしたが、和歌山磯ノ浦のライブ画像や波情報を見る限りではヒザ~腰サイズであったため、またWave Hunterの数値予想でも大きなサイズはないであろうと予想し、湘南概況担当者と意見交換をして、当初⭐️⭐️⭐️⭐️の波予想を⭐️⭐️⭐️(昼からは3.5)にトーンダウンさせて、弾丸ツアーを決行することにしました。

友人から、午前4時前に高速道路に乗れば深夜割引の30%offが適用されるので、午前3時20分には鎌倉の我が家に迎えに行くとの連絡を受けました。早っ!!!
退社時刻と同時に帰宅して、スノボの準備を簡単に終え、早めに風呂に入って夕食を済ませてから、もう一度波情報をチェックすると、和歌山磯ノ浦の波情報が18時に特別更新されているではありませんか? サイズアップの腰腹たまに胸近く…
『マジ……!?これはヤバイ!!』
慌てて七里ガ浜の夜の海にサーフチェックに行くと、オフショアが強く吹いて波が煽られていたものの、夕方のドフラット状態から腰たまに腹までサイズアップし、力強いブレイクサウンズがビーチ中に響き渡る、海のエネルギーが溢れるコンディションに変化していたのでした。
弾丸ツアーに行く4人のサーフイン仲間の中で、私ともう一人は波が上がればサーフィンがしたかったので、急きょ最初にツアーを誘ってきた友人に電話をし、最新のサイズアップの状況と翌朝までには更にサイズアップするであろう予想を伝えて、ギリギリではありましたが弾丸ツアーを中止することにしました。
急なサイズアップでスクランブル発進のように海に向かうことはありますが、雪山行きを急きょスクランブルキャンセル!?したのは、私の経験では初の出来事でした。

群馬県へのスノボはスクランブルキャンセルしたものの、翌週に行ったニセコアンヌプリ山BCではフィルムクラフトの雪を満喫して滑ることができました

群馬県へのスノボはスクランブルキャンセルしたものの、翌週に行ったニセコアンヌプリ山BCではフィルムクラフトの雪を満喫して滑ることができました

翌朝午前4時に目が覚めて波伝説をチェックすると、私のホームである七里ガ浜正面ptでは、胸たまに肩(△40点)までサイズアップしていて、『ヨッシャー!!』と喜んだのでした。

しかし…波乗りあるあるではありませんが、朝は満潮のためにかなり割れづらく、またうねりの方向が南東からなので、七里正面のライトはつながってしまいがちで、レフトも速くてつながる波かショルダーの張らないダラダラなブレイクが中心で、波質は良くありませんでした。(涙)

しかも愛用の板がちょうどリペアに出していて、代わりの板の調子が悪いのか、自分の体調が悪いのか、さらには水温が冷えていたのでブーツを履いたのが良くなかったのか、パーリングはするし、テイクオフは遅いわで良いことはなく、そのうちに藤沢や茅ヶ崎などのビーチが南東うねり特有のワイドなブレイクだったので、七里ケ浜にサーファーが集まってきて大混雑となってしまいました。
その後も中々波に乗れず、また乗れても満足できるサーフィンはできず、午前6時過ぎから正午過ぎまで軽い休憩のみでサーフィンし続け、それで止めておけば良いのに、潮が引いてからの満ち込みを狙って、午後4時から3Round目の海に入りました。ブーツを脱いだために何とか数本だけは満足な波乗りが出来たものの、合計7.5時間サーフィンし続けた影響で、夜になると急激に疲れが出てきて体調が悪化したため午後9時過ぎには寝てしまいました。
ビーチはワイドなブレイクが中心で、鎌倉も決して良いコンディションではなく、また大混雑もしていたので、前日予想の湘南概況は⭐️⭐️⭐️くらいでちょうど良かったのかもしれませんが、私にとって今回のスクランブルキャンセル!?は満足できる結果にはつながりませんでした。(涙)
GW中は、孫守りの間にもしも良い波に恵まれた時には、混雑していても気持ちに余裕を持ちながら、満足できるパフォーマンスが少しでも出来ることを願うばかりです。(了)

最近の記事

関連する記事