ECEのウラナミ『春のサーファーあるある』

ECE

ECE
ECE:サーフィンを通じて自然の大切さやありがたさ厳しさなどを学び、自分の人生においてバイブルとしており、大好きな海そして波を沢山見れるこの仕事に喜びを感じています。以前勤めていた観光業の経験を活かし、ウラナミやFBなどで千葉の魅力も伝えて行きたいと思っています。

IMG_3349

極寒の季節が過ぎ去り、暖かいシーズンの到来ですね!

5月5日の立夏が過ぎ、暦ではすでに夏の始まりになっていますが、今回は『春』をテーマにしたウラナミです。

季節だけでなく、人の別れや出会いも大きく動く『春』。

しかし、我々サーファーは浮世離れした方が多い人種。

一般的な『春』はさておき、サーファー目線の『春』についついやりがち、思ってしまいがちな、あるあるを12個考えてみました。

① 朝イチはまだ寒い

② 昼間は真夏みたいな陽気だけど、オンショアにやられる

③ 半袖・半ズボンデビューしたら、自分の白い肌にビックリ

④ 黒くなりたくて、休憩時間や移動中はなるべく陽に当たる

⑤ ずっと陽に当たって、ビールを飲んでダラダラする日が欲しい

⑥ 暖かい季節になれば!と思って冬を耐えたけど、いきなり花粉にやられた

⑦ 花粉がおさまってくると、梅雨が来る

⑧ でも、梅雨前線で波が立つ事には期待してしまう

⑨ セミドライやブーツ・グローブからの開放感で、サーフィンが上手くなった気がする

⑩ みんなで集まってワイワイやりたくなる

⑪ つい1~2ヶ月前まで、ガチガチに凍えていたことは忘れてるし、しばらく思い出さないつもり

⑫ 個人的にはとっくに夏である

僕なりの『サーファーあるある』は以上ですが、皆さまにとりましての『春のサーファーあるある』はありますか?

2018年の夏は人生一度きりです!
今年もサーフィンを楽しみましょー‼︎

最近の記事

関連する記事