細胞たちはインフルエンザとどのように戦っているのか|MINのウラナミVol.327

MIN

MIN
MIN/社畜暦19年/サーフ事業局所属/小笠原父島出身(実は湘南茅ヶ崎うまれ)/波乗り歴は25年以上/サーフィンと海以外の趣味は、ガジェット、カメラ、アクアリウムで、社内ではいわゆるオタ寄りな存在(?)
過去記事はこちら(ログイン不要)
LINE@でメッセージを送る

MINのウラナミ

  
  
こんにちは。流行中のインフルエンザにいつかかるのかとドキドキしながら毎日を過ごしているMINです。インフルエンザと診断された記憶がほとんどない僕は、なんとなく流行の波に乗ってみたいなと、心のどこかでかかることを期待していたりもしますwww

しかしながら、毎年かかるに至らず、発熱したときに期待して医者に診てもらっても、ただの風邪と診断されてしまうのです。皆さんはインフルエンザにかかったことがありますか?

インフルエンザのウィルスは、僕の体内に入ってきていないわけではないと思うのですが、なぜ発症しないのでしょうか?それは恐らく、自分の体の中の細胞たちが知らず知らずのうちに戦ってくれていて、ウィルスに勝利しているからでしょう。

では、どうやって戦っているのでしょうか。

きっと、細胞たちとウィルスの間で壮絶な戦いが繰り広げられているに違いありません。

そんな、目にも見えない小さな細胞たちを擬人化して表現した『はたらく細胞』というアニメが昨年に放送されていたのはご存知でしょうか。
  

  

小学生の息子がこのアニメを好きで、毎週録画して一緒に見ていたのですが、体内でどのような細胞があって、どんな役割や機能があるのか。また、風邪や花粉症、熱中症、癌に至るまで、細胞たちが体の中でどのように戦っているのかを小学生でもわかるように表現されていて、親子で楽しく勉強することができました。

アニメの第3話では、インフルエンザと細胞たちの戦いが表現されていますが、それはそれは壮絶で、大人でも興味深く見入ってしまいます。興味のある方は、まずはGYAO!で第一話(無料)を是非どうぞ!
  
Youtube検索結果「はたらく細胞」
  

なお、昨年末には、インフルエンザなどの「かぜ症候群」の特別編が放送されており、番組特設サイトでは、普段から風邪をひかないように気を付けていること、周りの人や住まいの地域では有名な風邪予防対策など、視聴者からの「風邪予防」に関連するツイートが多数掲載されています。ぜひ予防の参考にしていただいて、この冬をともに乗り切りましょう!
  
MINのウラナミ過去記事はこちら
  

LINE@でメッセージを送れるようになりました。
  

LINE@でMINにメッセージを送れるようになりました。
 
 

最近の記事

関連する記事