KYのウラナミ『モヤモヤ』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

ky1

早いもので2016年も5ヵ月が過ぎ、春から夏に季節が変わろうとしています。

気象庁のエルニーニョ監視速報によると、
・2014年夏に発生したエルニーニョ現象は弱まりつつある。
・エルニーニョ現象は春の間に終息するとみられ、夏にはラニーニャ現象が発生する可能性が高い。
・・・・・・だそうです。

エルニーニョ現象と波のある・ないに関しての因果関係は諸説あるものの、去年はとにかく波に恵まれたという印象が強く残っています。

2015年は台風の発生位置がいつもより東で、さらに勢力を維持していた期間が長かったこともあり、東から西に進んで来る時の南東うねり~南うねり、しばらく停滞してから今度は西に向かう時の南西うねり~南うねり、バックスウェルの東~北東うねりまで、1つの台風だけでも充分な程、たくさんのグッドウェイブをもたらせてくれました。

確か、春の終わりくらいにはもう台風スウェルが届いてたように記憶しています。
次から次に台風が波をもたらし、秋から冬にかけても次々と通過していく南岸低気圧により12月の終わりまでグッドウェイブが続きました。

ky2

そういえば、今年1月1日元日・・・大好きなポイントで、サイズ等まずまずの波で初乗りした後、さて、記憶に残るような良い波はあっただろうか?

・・・・・・無いかも・・・・・・

もちろん、風波でサイズアップしたり、オフショアでちょっとまとまったり、贅沢をいわなければなかなかのコンディションだったかもしれません。
ただ、台風からのグランドスウェルのようなクオリティは、もう長いことご無沙汰になってしまっています。

調べてみたところ、
2015年は、すでに1月に1つ、2月に1つ、3月に2つ、4月に1つ、5月に2つ台風が発生していますが、
2016年は、5月11日現在で、まだ1つも台風が発生していません。

これまでの5ヵ月間、あまりしっかりとした良い波に恵まれず『モヤモヤ』としたまま上半期を終えようとしています。

これから、梅雨を迎え、夏になって波はどうなるのか?
去年は波が豊富だったが、今年は波に恵まれないのか?

例えば、一方で何かが起きた時に、遠く離れたもう一方で反対のことが起きるというシーソーのような作用があるのだとすれば、日本に波がなくなった時にどこか遠くの地域では波が豊富にラインナップしているかもしれませんね。

今年の動向が楽しみであるのと同時に、『モヤモヤ』なんてしていないで、日本を飛び出して波を追いかける位の行動力を持てたら人生最高!なのにな、と思う今日この頃なのでした。

ky3

最近の記事

関連する記事