KYのウラナミ『ハッピーマーチ』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

IMGP0219

今年は「あっという間に3月だ」という印象があるのですが、皆様はいかがでしょうか。
最近、良い波に乗っている方も多いのではないですか?

例年であれば、冬は北西風で波が抑えられてヒザ〜モモやフラットという日が何日か続くので、「早く暖かくなって波が出ないかな〜」と思うのですが、今年は、なんだかんだと波があります。

1月だというのに北東うねりや東うねりが届き、2月は春一番〜三番まで立て続けに吹いたため、回り込んだ風波が良い波を届けてくれたり、冬の割には雨も降ったので、砂が動いたりして地形にも良い兆しが出ています。

3月最初の休みの日、波が予想以上にサイズアップして、久しぶりにホームポイントで超ロ~~ングライドできたのでとても嬉しくなり、興奮してしまいました。
ゲットはきつかったのですが、何度も戻っては沖で休んで、乗ったらまた長いゲットを頑張って、ホッとしてたら沖でお化けセットをくらい・・・しばらくして周りを見たら、波待ちしていた人も入れ替わり、自分は長時間やり過ぎたのだと気付きました。

「明日も波がある保証はない」と、つい無理をしてしまう悪いクセが出てしまいました。(反省)
その夜は、ガチガチの首とバキバキの背中を「アイシング(過去のウラナミに掲載)」して、ストレッチをして就寝。
そして、翌日、バッチリ波は残っていました!

それから数日間の会話です。
通常はサーファーの会話によくある、A「昨日良かったのに~」、B「休みじゃないし無理だよ。残念~」
ところが、その日は、A「久しぶりにいい波だけど、昨日はもっと良かったっんだって~?」、B「昨日のほうがデカかったけど、今日のは形が良いね。」
そしてまた次の日も、C「昨日、良かったらしいじゃん」、D「これから、潮が引くからもっと良くなるよ!」
少しサイズが下がっても、E「何だか、今日の波は乗りやすいね~」、F「上達したみたい」

この時期にこれだけ良い波が続いて、皆が楽しめたのは珍しい!

波待ち中に聞こえてくる会話から幸せを感じたので、名付けて「ハッピーマーチ」。
3月最初の一週間でした。

最近の記事

関連する記事