ECEのウラナミ『FCS2大将軍』

ECE

ECE
ECE:サーフィンを通じて自然の大切さやありがたさ厳しさなどを学び、自分の人生においてバイブルとしており、大好きな海そして波を沢山見れるこの仕事に喜びを感じています。以前勤めていた観光業の経験を活かし、ウラナミやFBなどで千葉の魅力も伝えて行きたいと思っています。

ece

実は最近海に入れていません。涙

理由は怪我です。

個人的に今年は怪我が多い年のようです。

今回の怪我は、意外と「あるある」ではないかと思いますが、サイズアップした海にウキウキしながらゲットしている途中、パンチの効いたセットのインパクトを喰らい、水中で手から離れたボードのフィンが肋骨に直撃。

FCS2を使用していたので、フィンが外れてしまい、1本も波に乗れずに海から上がる、といった具合でした。

FCS2でなければフィンをなくす事はなかったのではないか?
せめて無理やり1本くらいは乗れたのではないか?とも思いましたが、冷静になってから考えると、FCS2に助けれた事に気づきました。

もし、FCS2でなく、固定されたフィンであれば、私の肋骨はもっと酷い怪我になっていた事でしょう。

また、フィンはBOXごと破損して修理代も発生していたに違いありません。もちろん無理やり乗る事もできなかったでしょう。

一瞬でもFCS2を責めた自分を恥じました。

話は少し外れますが、海に入れない時の趣味は読書です。時代小説を好んで読みます。

戦闘シーンが描かれている場面も好きですが、それ以上に戦術や戦略といった部分では、現代社会にも適応できる所があるのでとても参考になります。

優れた武将ほど、何が起きるか分からない戦では、念のために負けた時の事も想定して戦に望んでいます。

退路や撤退する時の陣形なども用意しておき、最悪な状況での被害を最小限にして、負けても死なない戦ができる者でないと、命がいくつあっても足りません。

どんなに戦上手でも、途中で死んでしまえば大将軍にまで上り詰める事はできないのです。

だいぶ熱っぽくなってしまいましたが、最近サーフィンできなくて体力がありあまっているので、ご了承ください。笑

要は、FCS2は取り外しが便利なだけでなく、性能も良く、万一の場合にも被害を最小限に抑えてくれるという事で、大将軍の器なのです。

FCS2大将軍!ゴロは良くありませんが、今、私の中で一番ホットなアイテムです!

最近の記事

関連する記事