MASAのウラナミ『ニュージーランド到着』

MASA

MASA
MASA 千葉の波が大好きです。波と向き合いシンプルに暮らして、ハッピーに毎日サーフィン、一生やりたいです。

A98DF672-0AFC-4A8A-8407-5C83A6728916

3月に2週間の休暇で行ってきたニュージーランドトリップの話です。
前々回のウラナミの続きになります。

無料でロングボードも持って行くため、チャイナラインで、成田〜台北〜ブリスベン経由で乗り継ぎ、ようやくオークランドへ到着。
映画をいくつか見つつ、苦手な飛行機でお酒飲んで寝て起きてを繰り返しグッタリです…。

空港内で念のため少し両替をしました。ニュージーランドでは、ほとんどの所でクレジットカードが使用できました。ただし、個人宿やテイクアウトのケバブ屋、コインランドリーなどでは現金払いのみでした。

また、街中にあるATMで簡単にクレジットカードから現金を引き出せました。
しばらくすると、日本で予約していたレンタカー会社の方が、大きなバンで空港に現れ、ピックアップしてくれました。

本当はキャンピングカーでラウンドトリップしたいものの、経済的な理由で安いコンパクトカーになってしまいました。30万円くらいから、5万円くらいへの節約です。燃費を考慮すると、さらに変わるでしょうね…いつかはキャンピングカーでリベンジしたいものです。

このトリップ中、時季的に20時半くらいまでサーフィンできましたが、この時は、すでにもう真っ暗でした。ナビをセットして、とりあえず1時間くらいの所にあるバックパッカーへ。

ニュージーランドは、お店が閉まるのが日本に比べると異常に早いです。一方で朝は、パン屋のみが早く、他のお店はゆっくりオープンします。そして、多くの店がだいたい15時〜19時に閉店しています。特に週末は閉店するのが早かったです。

途中、まだ開いていたフィッシュアンドチップス屋さん、酒屋さんを何とか見つけてギリギリセーフで入店できました。店内にいたマオリ族の方の体の大きさとオーダーの量。素敵な笑顔にニュージーランドに来たんだなと実感しました。

いろいろ買い込んで、ようやく宿へ。
宿のオーナーは、鼻毛ボーボーのテンションが高いアジア人でした(笑)
宿はとても清潔とは言えないものの、なんだか久しぶりな感じのベッドやシャワールーム、プライベート感に、少し落ち着きました。

まだノーサーフながら、明日の朝には知らない道を爆走して、初めての波に乗る期待感♪ 自分がどこにいて、明日なにが起こるのか、全くわからない感じ。初めての場所と旅にプラスしてサーフィンがあるって、すごくイイって思いました。

次回はサーフィン編へ。

つづく。

最近の記事

関連する記事