KYのウラナミ『モーメント』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

写真は、4月初旬の朝の波チェックで遭遇した一瞬です 。(※すべて加工無し)

日が長くなってきたのでサーフィンできる時間が増えて嬉しいですが、一番乗りを狙って暗いうちから家を出る方は、さらに早起きしないといけないのでちょっと大変ですね。(笑)

この写真の日のシチュエーションは、久しぶりに質の良いうねりが広範囲に届いていて、夜明け前チェックの暗いうちからすでに形の良いブレイクのシルエットが見てとれました。
夜明け後のチェックで、再び同じポイントに着いた瞬間、昇りきったばかりの太陽が絶妙に幻想的な色をしていて、海に目をやると形の良いセットがまさに割れそうになっていました。

あ、これは最高の一瞬かもしれない…。
そう思って、急いでシャッターを押しました。

この時に写っているサーファーの方は、まさに一番乗りでゲットしている方たちで、まだ誰もピークに辿り着いていない、そしてパドルをする4人の気持ちが形の良いピークに吸い寄せられている、そんな思いも感じられる貴重な瞬間です。
この後しばらくの間4人だけの貸切の時間は、最高だったことでしょう。

それは、きっと短いひととき。

波チェックをしていて夜明け前から車を走らせていると、色々な景色を見ることができます。満天の星空や、流れ星、天の川、夜光虫、朝焼け、完璧な日の出など、どの光景も見る度に心を動かされてしまいます。
きれいにブレイクする波や素敵な海辺の一瞬を上手く写真に撮れたときは、波伝説のSNSにアップしていますので、よかったら見てみてください。

さて、チェックを終えて振り返ると、駐車場にはもう次々と車が入ってきて、あっという間に十数人が支度をし始めていました。
早く着替えて急いで入りたい。気持ちが焦ってウエットが湿っていて着づらかったり、ワックスを塗ろうとしたら硬くて(朝は寒いから)塗りづらかったり。ちょっと遅れて到着した人たちのはやる気持ちにも共感をおぼえます。
せっかく早く家を出てきたのにお腹が空いてコンビニに寄ったせいで到着が遅れたパターンや、早く着きすぎて駐車場で一休みして寝過ごしてしまうパターンもあるあるですね。

これからますます日の出の時刻は早まっていきます!
しっかり睡眠をとって、おなかも満たして、安全運転で海に向かいましょう!

早起きは、三文の得?

いいえ、プライスレスです!


最近の記事

関連する記事