☆加藤のウラナミ『源頼朝公の鬼門は辻堂!?』

☆加藤

☆加藤
会社代表であり、波乗りと海が大好きなサーファーです。子どもたちに安心安全な海を残すことと、島国などへ高精細な気象情報を提供することを残る人生のライフワークにしました。サーフトリップネタが多くなりますがお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

編集

源氏山公園に鎮座する源頼朝公。鎌倉に25年住んで初めて行きましたが、緑豊かな良い所でした。(^^)

日本のお正月には、なんでお屠蘇(とそ)という文化があり、朝・昼・晩とお酒が飲めるのでしょうか? このため自分は少々太ってしまいました~…

結局、自分が自制すれば良いだけのことなので反省しきりなのですが、皆さまのお正月はいかがでしたでしょうか?
さて、1月11日の自分のウラナミ『波乗りがしたくなる10のすすめ』のタイトルだけを壁に貼って日々見つめて前向きにサーフィンしていますが、上記のことも影響して、1月6日からダイエットにも取り組み始めました。

DSC_0041

食事とアルコールの制限をするとともに、20代に戻ったかのように日々黙々とトレーニングに勤(いそ)しんでいます。
1月11日のFacebookで、約二か月後の3月20日までに、『体重を77kgから70kgまで落とします!!』と明言してから早二週間強が過ぎました。途中経過ではありますが、すでに3kg痩せて74kg台に落とすことができ、瞬間的には73.6kgを記録しました!!
73kg台はもう何十年も前のことなので、かなり嬉しかったです。
また、少しだけですが身体が軽くなったのを実感しています。

ダイエットに悩まれている方のために、現時点で自分が取り組んで効果をあげている次の5つのことについてご紹介させていただきますが、最初の三つを実行するだけでも効果はあると思います。

1. 家でお酒を飲まない。なお、昨年末までは年間364日飲んでいました。わずか1日だけの禁酒は、健康診断の前夜だからでした。

2. 昼食時の「丼+お蕎麦などのセット物」と「お蕎麦・ラーメン等の大盛り」を禁止にしました。

3. 夕食時は、お米(炭水化物)を摂らないようにしました。(それまでは半ライス)

4. 週5日を目標に、可動域を広げるトレーニング※に取り組み始めました。

5. 昼に外食する店をなるべく遠くの場所にして、往復最低1時間はウォーキングするようにしました。(有酸素運動)

※4の可動域を広げるトレーニングについては、次のウラナミで紹介させていただきますが、筋肉量を増やすのが目的ではないのでハードでなく毎日でも気軽に通え、またサーフィンの調子が良くなるのを実感できているのでとても気にいっています。

そんな日々を送っていたある昼どきに、辻堂駅南口周辺をウォーキングしていたら、土地にまつわる“故事が紹介された看板”にふと目が留まりました。ウォーキングの良いところは、知り合いと逢いやすくなることと、気軽に寄り道ができることです。

JR辻堂駅南口からすぐの細い道路沿いにあった看板

JR辻堂駅南口からすぐの細い道路沿いにあった看板

いつもならば素通りするところですが、ウォーキング中のためにその故事を読むことにすると、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が、12月27日に行われた相模川に架け替えた橋の落成式に出席した帰りに、辻堂のその場所で落馬してしまい、結局そのケガが原因で新年1月13日に亡くなったのだそうです。え~マジ??? 身近な場所にそんな故事があったなんて!!

源頼朝が亡くなる原因となった落馬の場所を伝える看板

源頼朝が亡くなる原因となった落馬の場所を伝える看板

どうして頼朝公が落馬をしてしまったのかは書かれていませんでしたが、頼朝公にとって辻堂は鬼門だったのかもしれません。

大まかな史実によれば、源頼朝の弟である源義経は、平家討伐で大きな戦功があったものの、朝廷から勝手に官位を受けるなどいくつかの独断専行的な行為が頼朝公の怒りをかい、鎌倉への凱旋は許されず、結果的に兄弟は敵対することになります。

終いには頼朝公から義経討伐の命が下され、一方義経も京都で頼朝追放の旗を掲げますが同調する武士などなく、その後義経は全国を彷徨(さまよ)い、最後は岩手県平泉で自害することになったのだそうです。

頼朝公が落馬した辻堂の場所からわずか3kmほどの所に、義経を祀っている白幡神社があることを知っていた私は、『兄・頼朝公からの討伐の命に追われて自害した義経が、天国から頼朝公が跨(またが)る馬に嫌がらせをしてきっと落馬させたんだなぁ~…』
そんな空想をしながらのウォーキングを含むトレーニングやダイエットを続けて、年度末には目標体重70kgを成し遂げたいと思っています…が、早くもスノボ合宿や飲み会などリバウンド要因のセットが続々とラインナップしてきています。(涙)
来月の途中報告はどうなることやら…!? (了)

 

最近の記事

関連する記事