☆加藤のウラナミ『波乗りがしたくなる10のすすめ』

☆加藤

☆加藤
会社代表であり、波乗りと海が大好きなサーファーです。子どもたちに安心安全な海を残すことと、島国などへ高精細な気象情報を提供することを残る人生のライフワークにしました。サーフトリップネタが多くなりますがお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

image4

最近の筆者(ニセコにて)

明けましておめでとうございます。
私事ながら、先月とうとう還暦になりました。
何とかショートボードに乗れそうな65歳までの残る5年間を、引き続き頑張って波乗りし続けるぞ~、と元旦に誓いました。
そのためには、フィットネストレーニングとともに、前向きな心の在り方が大切だと考えて、次の10項目を会社のデスク横の壁に貼り出すことにしました。
波が小さい、風が入った、つらい、風邪気味、眠い、寒い、暑い、怖い、疲れている、腹減った?、すぐに言い訳が得意になる私のことを反面教師にされて、皆さまのサーフィンライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

1. 出来なかった時の悔しさを思い出す
サーフィンの一番の難しさは“続けること”だと言われています。
仕事、家庭、出産、病気、ケガ、事故、フラット続き~…
サバイバルゲームのように、波乗りを止めたくなる障害が人生にはいくつも待ち受けます。
かつて波乗りがしたくても出来なかった時の悔しさを思い出して欲しい。
また、久しぶりに波乗りに復活した際は、ヒザ~モモサイズの波でも心から幸せ~と感じた時のことを…

サーファーズイヤーのため両耳を手術中の筆者 (新川クリニックにて)

サーファーズイヤーのため両耳を手術中の筆者 (新川クリニックにて)

サーファーズイヤー手術の1週間後、再び波乗りが出来るのが嬉しくてたまらない☆加藤

サーファーズイヤー手術の1週間後、再び波乗りが出来るのが嬉しくてたまらない☆加藤

2. Surfing is Life.
自分の人生を豊かにしてくれたものは…
これまでで一番楽しかった、または感動したことは?
もしも波乗りをしない人生だったら、今ごろ自分は…
Surfing is Life.

 波乗りは最高に楽しい~!!! (2017年10月スンバ島にて)

波乗りは最高に楽しい~!!! (2017年10月スンバ島にて)

3. サプライズ体験を思い出せ
グングンとサイズアップしてきて感激した波乗りがあったよね。
オン➡オフショアに変わり、波が一気に良くなったものの人はガラガラだったことも。
雨が上がって大きな虹がかかったり、素晴らしい夕陽とそのあとの鮮やかなオレンジ➡深紅➡紫➡藍色と移り変わる感動のグラデーションサンセット劇場も。
先日海で出逢ったキュートな女の子(orイケメン)が、また今日もいるかも!?(笑)

北マルクでの魅惑のサーフィン中に美しい真ん丸な虹がかかった

北マルクでの魅惑のサーフィン中に美しい真ん丸な虹がかかった

4. ステップアップ
コンディションが良くない時だからこそ、波乗りし続けることが大切。
波乗りは、続けるからこそステップアップすることができる。

残された時間の中でHTのバレルに入れるかは?

残された時間の中でHTのバレルに入れるかは?

5. ポジティブシンキング
つまらない、楽しめない…ならば、どうしたら波乗りが楽しくなるかを考えよう。
トップアスリーツは、表彰台の真ん中に立つ自分をイメージできるからこそ、厳しいトレーニングさえ楽しむことができるという。

創業10年くらいの記念撮影、皆に支えられて今があるので、贅沢(ぜいたく)は敵なのだ~!!

創業10年くらいの記念撮影、皆に支えられて今があるので、贅沢(ぜいたく)は敵なのだ~!!

6. シェイプアップ
おなかぽっちゃりなど肥満になると、ついつい海に行かない言い訳が得意になる…
波が小さくても小波トレーニングはできるし、波が無くてもバトルトレーニングやプールでのスイムトレーニング、そしてヨガはできる。
Big Waverは小波がヘタなんて誰が言った?
パドルが速くて、身体能力に優れたBig Waverは、みな小波でも上級者です。

J・ロペス氏との対談で、神さまはヨガこそ人生・波乗りに大きな影響を与えたという

J・ロペス氏との対談で、神さまはヨガこそ人生・波乗りに大きな影響を与えたという

7. WAX UP
サーフボードのWAXをきれいにはがして、WAX UPをしてみる。
見違えるようにきれいになった自分のボードに触ると、早く波乗りがしたくなるもの。

1986年七里ガ浜の交差点にて、27歳時のやや細い自分です(笑)

1986年七里ガ浜の交差点にて、27歳時のやや細い自分です(笑)

8. Keep Paddling
まずは海に入ること。サーフィンを続けること。
やる気のない時でも10本だけ波に乗ったら海から上がると決めて入ると、1本1本のライディングを大切にするために調子が良くなって楽しくなってきたりするもの。

 Keep Paddlingをやり続けたことで神さまとの対談も実現した。

Keep Paddlingをやり続けたことで神さまとの対談も実現した。

9. 楽しかったサーフトリップの写真や動画を見る
かつて友だちと一緒にサーフトリップした時の写真や動画を見ると、うずうずしてきて、無性にサーフィンがしたくなったりするもの…

自分が撮影した中でのベストショット(場所 マカロニ)

自分が撮影した中でのベストショット(場所 マカロニ)

10. 高齢となった自分を想像してみる
高齢となった自分は、満足に波乗りが出来ていないかもしれない。
ではいつ波乗りするのか? 今でしょ~!! 身体が動く今の内だからこそ、波乗りしよう。
将来人生を終えようとしたときに悔いが残らぬよう、今(時)を大切に波乗りし続けましょう…

3月に70歳になられるサーフレジェンドの川井幹夫さんは、今もショートのシニアプロ!!!(バンダアチェにて)

3月に70歳になられるサーフレジェンドの川井幹夫さんは、今もショートのシニアプロ!!!(バンダアチェにて)

「波乗りしたくなる10のすすめ」
1. 出来なかった時の悔しさを思い出す
2. Surfing is Life.
3. サプライズ体験
4. ステップアップ
5. ポジティブシンキング
6. シェイプアップ
7. WAX UP
8. Keep Surfing
9. サーフトリップの写真や動画を見る
10. 高齢となった自分を想像してみる

本年も波伝説&☆加藤ともに公私にわたり、どうぞよろしくお願いいたします。 (了)

最近の記事

関連する記事