G◎Daのウラナミ『台風22号を回想』

G◎Da

G◎Da
G◎Da サーフィン:13年 ホーム:鎌倉(今でも良い土地だと思う) 趣味:読書・ハイキング ひとこと:サーフィンと出会い人生が豊かになりました!色々な土地でサーフィンしたいです。今後ともよろしくお願いします。

鎌高前

 
 
9月中旬、太平洋側の各地にグッドウェーブをもたらした記憶に新しい台風22号(国際名:マンクット)について書き留めておきたいと思います。

と言うのは、台風スウェルが入る予想が出ると必ず有給休暇を取得し、近所のリーフブレイクを目指す地元の友人がいますが、連休明けの18日(火)まで頭~オーバーヘッドの波が続いていしまい、ダウン予想をしていた火曜の有給を取り逃したそうです。
そこで、他の友人らも含めて「自然って凄い…」と、予想だにしないパフォーマンスを繰り返す自然について同級生サーファー同士のグループLINEは着音が熱く鳴り響き続けたのでした。
 
nami  (6)
 

nami  (10)
 

特に17日(月・敬老の日)はでかかったですね!某・東のリーフは遠くから見るだけでも、ゆっくりブレイクしており、明らかにでかい。後日談ですが、まさかそこで上條局長がサーフィンをしていたとは……。さすが……。メンツを聞いたところ、レジェンド添田博道さん、脇田プロとその親子、都築プロ、元・全日本チャンピオンの大木新次さんご夫妻、等が入られていたそうです。サイズを聞いたところ「トリプルはないくらいかな~」と…どうやら感覚と桁が違うようです。

話を戻しまして、特に湘南では9月16日(日)がピークで17日(月・敬老の日)は弱まりつつも続くと、波情報他社さんも含め誰もがそう予想しました。結果、多くの予想が外れてしまい、先の友人を含め、他社さんの波情報を使っている友人もザワついていたあの数日間です。

うねりは弱まるかと思いきや17日(月・敬老の日)にかけてさらにビックサイズになり、でかいところでダブル~トリプル。ビーチはクローズでしたね。
ちなみに、その2日前の「Wave Hunter」では、まさかの17日(月・敬老の日)をピークにしていたのを覚えていますが、その日は905hPaまで中心気圧は下がっており、「Wave Hunter」の波の周期予想は赤やピンクで色付きキレイでした。
しかも、その後は16日(日)には「強い」勢力のまま華南に再上陸していました。その前の週に西日本に記録的な暴風や高潮をもたらした台風21号ですら最低気圧915hPaだったので、日本に突っ込んで来なかったのが幸いでした。
TVで見る限り、フィリピン・中国などの被害映像がやばかったですよね。
沿岸部に立つビルなどの窓ガラスが割れたり、クレーンが倒れたり、恐ろしかったです。マカオのカジノは、史上初めて嵐により休業となったようです。おそらく映画「オーシャンズ11」のように停電によるカジノ内の混乱を避けたのかもしれません。
今回の勢力・進路などを学習しつつ、今後、似たような台風が来たら波を外さない確率は上がりそうですね。ただし、「自然」なので、そこは神のみぞ知るですね。
 
nami  (9)
 

nami  (8)
 

これを書いている10月3日(水)は、数日前の湘南で台風24号の爆風タイムが過ぎ去り、台風25号からのうねりが西日本で反応し出している模様です。今後が楽しみです。
 
 

最近の記事

関連する記事