なぜ、複数の風予報を見る必要があるのか|MINのウラナミVol.320

MIN

MIN
MIN/社畜暦19年/サーフ事業局所属/小笠原父島出身(実は湘南茅ヶ崎うまれ)/波乗り歴は25年以上/サーフィンと海以外の趣味は、ガジェット、カメラ、アクアリウムで、社内ではいわゆるオタ寄りな存在(?)
過去記事はこちら(ログイン不要)
LINE@でメッセージを送る

uranami_320

 
 
こんにちは。このウラナミを書いている数日後、地元の小笠原諸島父島へ帰省するため『おがさわら丸』に乗船する予定のMINです。皆さんは、船旅は好きですか? 苦手ですか?

東京の竹芝桟橋から父島まで、船中で24時間も過ごさなければならないものの、海さえ時化(しけ)なければ、心地よい揺れの中で何もせずにゆったりと過ごすことができ、なかなか味わえない贅沢な時間を堪能できます。もしも興味がありましたら、ぜひどうぞ。

さて、上記はあくまでも「海さえ時化なければ」という前提でして、帰省直前の僕は、この先の気象についてヤキモキしている状況です。

というのも、ヨーロッパの代表的な気象予測モデル『ECMWF』とアメリカ海洋大気庁(NOAA)の気象予測モデル『GFS』とで、一週間後から10日先の予報がそれぞれ全く異なっているからです。

以下、7月18日現在のそれぞれの気象予測モデルごとの違いです。
 
 

ECMRFとGFSの顕著な違い

 
ECMWFの予報では、一週間後の7月24日の小笠原諸島近海は、高気圧に覆われていて海上は比較的に穏やかであることが想像できます。また、10日後の27日は、近くの擾乱によって海上模様が多少は影響出てきそうなものの、時化るほどではなさそうです。
 

出典:Windy.com ECMRF 7月24日正午の風予想

スクリーンショット:Windy.com ECMRF 7月24日正午の風予想


 

出典:Windy.com ECMRF 7月27日正午の風予想

スクリーンショット:Windy.com ECMRF 7月27日正午の風予想


 

一方のGFSの予報では、一週間後の7月24日には小笠原近海は風が強くしけそうで、10日後の27日には近くに台風と思われる擾乱が日本の南にあって、小笠原近海はかなりしけそうなことが想像できます。
 

出典:Windy.com GFS 7月24日正午の風予想

スクリーンショット:Windy.com GFS 7月24日正午の風予想


 

出典:Windy.com GFS 7月27日正午の風予想

スクリーンショット:Windy.com GFS 7月27日正午の風予想


 

複数の気象予測モデルが同じ様に予報していれば、そのようになる可能性は高いと考えて良いのですが、今回のように、それぞれ異なる予報をしていることは頻繁にあります。特に夏の台風シーズンは違いが顕著であることが多々あります。

どちらの予報が正解に近いかは、神のみぞ知るところで、つまり今のところは全くわからない状況です。
 
 

どっちが当たるとか外れるではない

 
そもそも予報は、時間経過ごとに誤差が拡大していくため、一週間以上先の予報は精度が低いので、日々、予報が更新される度に、それぞれがどのように変わっていくかを確認していくしかありません。

ただ、一つ言えることとしては、どちらが当たるのか・外れるのかということではなく、少なくとも現時点ではGFSは27日ころ日本の南に台風を予想しており、そうなる可能性があるという事実です。

この可能性に対してどのように判断して行動するかは、見る人次第で異なるため、正解はありません。しかし、ECMRFの予報しか見ていない人は、GFSが示す可能性を知らないまま行動の判断をしなければなりません。

その場合、それがサーファーなら、台風スウェルが入る可能性のある日に大事な予定を入れてしまうかもしれませんし、それが海上で活動される方であれば、命を危険にさらすような大誤算をしてしまう恐れもあります。
 
 

気象とうまく付き合う秘訣

 
波伝説が3日先までの予報について「2つの風予報、波予報」を提供しているのも、危険回避のためや、サイズアップの可能性、オフショアの可能性などを把握していただくためです。

複数の予報をうまく活用するのが、今までよりもっと気象とうまく付き合う秘訣と言えますので、まだ使い慣れていない方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

ちなみに・・・

今回の予報に関しては、個人的にはECMWFの方が当たりそうと思っています。

その理由は、前回の台風のときは、実はGFSよりECMRFの方が実際と近い予報をしていましたし、ここ数日はECMWFの方は一貫して同様の予報を続けており、GFSは更新される度に予報が変わってきているので、ECMWFの方が当たりそうだな思っています。

一方で、GFSの可能性も考慮し、帰省の後半は船便が予定より1日早く出向するようなことも想定しておかなければならないと考えています。

結果はいかに?

MINのウラナミ過去記事はこちら

最近の記事

関連する記事