沖縄まったり旅行~美ら海水族館の大水槽にイルカ!?~|まっきーのウラナミ

まっきー

まっきー
まっきー:独身時代は三度の飯よりサーフィンだったのに、ここ数年は、子ザル化した子どもと、子ども以上に子どもな旦那の世話に手を焼いています。でもそんな生活も悪くないと開き直りはじめたこのごろ。海と子育てと湘南での生活をウラナミで綴っていきます。

macky1

先日のこと、冬に突入した湘南を抜け出して、沖縄&離島へ行って参りました。

さぞかし、南国・沖縄はあったかいんだろうと軽装で行ったら
ちょうど寒気が入るバッドタイミングで、天気は常に雨or曇り空。北風ビュンビュン。
体感温度は低く、けっこう寒かったです。
子どものために西○屋で、モコモコトレーナーを買うという始末・・・

沖縄では、美ら海(ちゅらうみ)水族館に行ってきました。

美ら海水族館と言ったら、巨大なジンベイザメやマンタなどが泳ぐ大水槽が有名ですね。

今回そこで興味深かったのが、大水槽でのイルカの投入!

時間限定で、大水槽にイルカが放たれます。

ジンベイザメの間を縫うように泳ぐイルカ

ジンベイザメの間を縫うように泳ぐイルカ

ゆったりおよぐジンベイザメやマンタ、トビエイたちの脇をすり抜けるように、猛スピードでちょこまかと動き回り・・・
そして今回投入されていたイルカは、相当なイタズラっ子のようで、
マンタの長い尾びれを噛んで、引っ張ったり、
ジンベイザメの大きな尾びれもガジガジとかじってたり・・・
泳ぐ魚を鼻でツンッと突っついたり、
エイは尾びれを引っ張られて、クルクルクル~と回転させられてました・・・
そして、ちょっかいされて怒ったのか、遊んでいるのか、ハンマーヘッドシャークに猛スピードでイルカは追いかけられていましたが。

「え、これ本当?間違えて紛れこんじゃったんじゃないの!?」と、イルカのあまりの勝手ぶりに目を疑いました。
いろんな魚がいる大水槽にイルカがいる光景は初めてみました。

まるで、我が家のネコのよう。
動くものは、とりあえず飛びつく。

思わず調べてしまいました。

マダライルカが仲間入り!
「黒潮の海」大水槽にマダライルカが仲間入りしました!イルカショーでは見られない、自然なイルカの動きが観察できます。ジンベエザメやナンヨウマンタなど、黒潮の魚たちと一緒にイルカが泳ぐ、より”リアル”に再現された沖縄の海をご覧ください。
【展示時間】
10:30~12:00、13:00~14:30
※生き物の体調により展示を中止する場合があります
美ら海水族館HPより(2015年12月時点、時間や回数は随時変更があるようです)

ちゃんとした企画なんですね。
時間限定でないと、他の魚たちにストレス与えそう・・・汗

でも、それが自然の光景なんですよね。

イルカも、サメも、エイも、その他魚たち、すべて同じ海にいる光景。

広い海の話なので、水槽の中でひしめき合うことは無いでしょうが・・・

イルカの素の姿、いらずらっこな性格、知能の高さを感じられ、とても興味深い企画でした。
美ら海水族館に行くならば、ぜひこの時間の大水槽もチェックしてみてくださいね。

オリオンビール♡

沖縄といったらやっぱりオリオンビール♡


さて2016年が幕を開けました。今年も皆さんが笑顔でサーフィンできる日がたくさんありますように!
そんなお手伝いが波伝説でできたら幸いです。
皆様、本年度も何卒宜しくお願いいたします。

最近の記事

関連する記事