まっきーのウラナミ『リハビリサーフ』

まっきー

まっきー
まっきー:独身時代は三度の飯よりサーフィンだったのに、ここ数年は、子ザル化した子どもと、子ども以上に子どもな旦那の世話に手を焼いています。でもそんな生活も悪くないと開き直りはじめたこのごろ。海と子育てと湘南での生活をウラナミで綴っていきます。

IMG_7125

ちょっと遅めの夏休みを取らせていただき、千葉でゆっくりしてきました。

天気は1日激しい雨に遭いましたが、それ以外は波にも恵まれ、娘には大好きな鴨川シーワールドに2DAY!
たっぷり遊んだ後は、主人と交代で海へ!
なかなか時間が取れなくて、海から離れがちだった私でしたが、久しぶりに海に入り、サーフィンの楽しさを改めて体感しました。

怠けちゃった分、パドルもできなくなって、波を見る目もすっかりなくなり、ポジショニング迷子!
あまり乗れませんでしたが、やっぱり入り続けて少しでも感覚を取り戻さないと。サーフィン熱がただいまヒートアップ中!

そして先日、久々に辻堂の海に入ると、レジェンドMABOさんも海にちょうど入るところでした。
「おーひさしぶりだねぇ~」と優しく声をかけていただき、しばらくご一緒しました。
肩前後サイズあるワイドなセットに翻弄され、なかなか波をつかめない自分に、「いきなり行かなくていいよ。まずはならそう。これ!良い波!ゴーゴー!そのままパドルー!!」
辻堂で海に入られる方はご存じかと思いますが、あのMABOさんの大きな声に押され、……乗れた~!!
テイクオフにもたつきフラフラでしたが、MABOさんの励ましがあったからこそ乗れました。
「どうだったー!?いいんだよ、今みたいにまずはタイミングを合わすこと!わかるよ。俺なんかも長い間練習していなかった時は、パドルもテイクオフもわからなくなっちゃったんだけどさ。」

『タイミングを合わすこと』
本当にシンプルなことだけれど、前のようにはサーフィンできなくなりもどかしかった自分にとって、目の前の道が開けたような気がしました。

MABOさんは御年66才。そして颯爽とビッグセットをつかみ、速い波を駆け抜けてインサイドまでつないでいきました。さすがです!

最近の記事

関連する記事