KYのウラナミ『キロ&アータウ』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

見出し022

前回のウラナミに書いた台風「コーニー&アッサニー」に続き、「キロ&アータウ」が発生、通過して行きました。

17号が『キロ』・ハワイで「男性の名前」(※ハリケーンが越境して来たため通常の名前の順番と異なる)
18号が『アータウ』・米国で「嵐雲」

コーニー&アッサニーの時に、すでにビーチに深刻な被害が出ているところがありました。
砂が大きく盛り上がった場所もあれば、砂が無くなって浜に降りる為の階段が剥き出しになってしまったり、護岸が波によって破壊されたりしていました。

すぐに、護岸の復旧作業が始まり、ショベルカーで砂浜を掘って浸み込んだ海水をポンプで抜く作業をしていました。

その矢先に「キロ&アータウ」がやって来たのです。

せっかく掘った砂の山は、たった一晩で崩され、中はまた水浸し。もう一度、同じ行程をやらなければいけない状況で、作業をしているその時も潮が満ちてきてショベルカーのすぐ後まで波が打ち寄せていました。これでは、いつになったら終わるのか心配です。

それから、休みの日に私がたまに夜釣りをしに行く場所があります。
そこはあまり人と会うことのない場所で、海に迫り出した崖に沿って道なき道を歩いて行くとちょっとした釣りができるスペースがあるのですが、頭に懐中電灯をつけて手さぐりの状態で歩いて行く、いわばシークレットのような場所です。
そこへ行く崖道も崩落していて通行止めになっていました。・・・・「キロ&アータウ」の仕業です。
IMGP2215
こちらは、大きく二カ所も崩落しているため、復旧作業すら始まっていません。
自分が通っていた道がそんな無残な状態になっているのを見ると、さすがに恐怖を感じました。

その後も台風や前線の影響で長く降り続いた大雨により各地で災害が起きていましたね。
毎日、何かしらの警報が出ていたように思います。

台風といえばいつも波の事ばかりを考えていましたが、今年の一連の台風と大雨は改めて自然の脅威を感じさせられました。

みなさんの所は大丈夫でしたか・・・・?

ちなみに、有名なハリケーン「カトリーナ」。アルファベット順でK。あまりにも被害が甚大で、その呼び名は欠番になってしまったそう・・・。代わりに付いたKの名前が「キロ」。

やっぱりKだけに危険(KIKEN)ですね。。。

最近の記事

関連する記事