KYのウラナミ『トウキョウ』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

IMG_0831

2018年も2ヵ月が過ぎましたが、今年はとても寒いですね。
年始に長く続いていた良い波の記憶も薄れてきた今日この頃、ピョンチャンオリンピックの真っただ中にウラナミを書いています。

いろいろな競技をLIVEで見たりビデオに撮って見たりしていますが、普段あまり見る事のない種目のスポーツをじっくり観戦することができるので、毎日興奮しながら見ています。
やはりサーフィンをしていると目を奪われるのはスノーボードで、凄く難しそうな技をあの驚異的な高さで決めるのはそうとうに大変な事だと思います。
身体能力の高さだけでない努力や精神力を想像すると感銘を受けます。

それでもスノーボードの選手達は、滑走の直前も音楽を聴いてリラックスしたり、笑顔でハイテンションだったり、転んでも楽しげであったり、と明るさが際立って伝わってきます。

真っ白な雪の上からスピードに乗って澄んだ青い空に飛び出すのは気持ちが良いんだろうなと思います。

同じように、綺麗な波を優雅に滑る映像を見ると、ただただ気持ちよさそうに見えるサーフィンですが、本当は過酷で難しいスポーツだと私たちは知っています。ゲットから始まり、波待ちやテイクオフ、なかなか上達しないし、フラットもあれば悪天候や今年のように極寒の冬もある。でも、その途中のあらゆる場面で、自然と一体になれる感覚や人と共有する楽しさがあるから、難しくてもまた挑戦したくなってしまう。いまはできない事も、いつかはできると信じて、自分のペースで明るく楽しくやり続ける。
オリンピックを見ながら、努力の先にあるものを少し感じられたような気がしました。

次はいよいよ「2020年東京オリンピック」です!
世界中のトップサーファーが日本に集結して、楽しさと興奮の技を見せてくれるだろうと思うと、とても待ち遠しいです。
良い波と良い天気に恵まれることを願っています。
その時は、テレビ観戦ではなく会場にも応援に行ってみたいですね!!

4592-1

最近の記事

関連する記事