☆加藤のウラナミ『赤4回、黒18回』

☆加藤

☆加藤
会社代表であり、波乗りと海が大好きなサーファーです。子どもたちに安心安全な海を残すことと、島国などへ高精細な気象情報を提供することを残る人生のライフワークにしました。サーフトリップネタが多くなりますがお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。

kato

皆さん、台風1号スウェルは満喫されましたか~?
このウラナミは、7月7日(木・七夕)のお昼に書いていますが、まだ台風1号からのまともなスウェルは、沖縄を除いて日本列島には届いていません。(涙)
さて手前味噌になりますが、来週に地元の中学校2校、大学1校での講演が控えているため、まだスウェルが湘南に届いていない今日のうちに、講演の資料作りとこのウラナミを終わらせたく、いま気合を入れてまとめているところです。こういう時って、マジで捗(はかど)るものですね~。(笑)
中学校二校での講演は、中学1年生に対して夏休みを目前に水の事故を防ぐための『水辺の安全教室』なので、体育館内の蒸し暑さを除けば、かれこれ20回以上も同教室を講演してきたので問題はないかと考えています。

一方大学での講演は初めてであり、今回は某市立大学の経営学を学ぶ大学1年生を対象にした、『企業家に学ぶ』という授業の一環で、“経営学への関心を喚起する”のが目的ということなのでとてもハードルが高いのです。
これまでに講演された社長さんの中には、上場企業の現職も少なくなく、正直『肩の荷が重いな~』と徐々にプレッシャーを感じている始末です。(涙)

まだ記憶に新しい、2月25日の弊社が運営する全サイトのリニューアルでのトラブルを経験したばかりなので、経営者としては失敗社長です。ですが、講演依頼は昨年末に先輩でもある大学の理事長から直接頼まれたのでやるっきゃありません。
正直に今回のトラブルのことも含めて、弊社の失敗の数々をさらけだして、反面教師として経営学の参考にしてもらおうと思っています。

そのためもあって、弊社の22年間を振り返ることにしました。あっという間の22年間でしたが、想い出すと喜怒哀楽本当に色々なことがありました。
18年間務めた市役所を退職して起業したいくつもの理由や、途中に起きた3つのターニングポイントなどを再確認することができて、過去を振り返り、まとめる良い機会となりました。
タイトル名は、『“稼(かせ)ぐ”とは、感謝すること』です。

これまで、弊社は色々な試練を経験してきましたが、どのような状況になっても我々を見捨てることなく、いつも支えて下さった数多くのお客さまをはじめ、毎日休むことなく波情報を届けてくださっているリポーターさま、そして社員を含めた関係者の皆さまへの感謝の気持ちこそが、弊社の経営においては何にも増して重要なことを、経営についてこれから深く学ぶ大学一年生に少しでも伝えたいと思い、タイトル名と内容を決めました。
また、経理に頼んで過去22期のすべての決算結果をグラフ化してもらいました。
タイトルの『赤4回黒18回』とは、飲んだ芋焼酎の本数ではありません。(笑)

22年間の決算結果は、4回の赤字、18回の黒字だったという意味です。目標に対して、まだまだ色々な数字や事業が未達なので、正直まったく満足できていません。
世の中には、創業以来連続して、売上、経常利益を増やし続けている会社があるらしいですが、本当に奇跡というか、社長は神さまではないかと思ってしまうほどです。
経営には、上り坂、下り坂、そして“まさか”という坂があると良く言われますが、つねに順風満帆の会社などはあり得ず、何年かに一度は大なり小なりの“まさか”が襲ってくるのが世の中の常だと思います。
これからのサーフレジェンドこそは、アップスーンしつつも右肩上がりでロングライドできることを願っていますが、社長が仕事よりも波乗りや楽しいことが大好きなので、果たしてどうなることやらです…

講演の結びとして、今後の活躍を期待される学生さんに、「夢(目標)を成就させる人の共通点」をお話しするつもりです。
1 夢を、夢と捉(とら)えない人
2 実現させることを軽い感じで信じている人
3 忍耐力がある人 凡事の日々励行 イチロー選手
4 できないと考えるのではなく、どうしたら実現できるかを考えられる人 = 進化し続ける人
5 鉄人でも秀才でもない普通の人
6 幸運を呼び込める人 ⇔ 幸運が遠ざかる人
7 気づきに長けている人
8 感謝できる人

まだまだ未熟者なので、上記の共通点を少しでも有言実行できるように、日々努力して参りたいと思います。(了)

最近の記事

関連する記事