G◎Daのウラナミ『孝行のススメ』

G◎Da

G◎Da
G◎Da サーフィン:13年 ホーム:鎌倉(今でも良い土地だと思う) 趣味:読書・ハイキング ひとこと:サーフィンと出会い人生が豊かになりました!色々な土地でサーフィンしたいです。今後ともよろしくお願いします。

IMG_1256

 
 
先月、僕の曾祖父が知人を頼って秋田県の現在の由利本荘市から鎌倉へと移り住んでから70年が経ったそうです。その時は子供6人を連れていたそうで、その後も同じ母親から3人が生まれています。

9人中2番目の子が、僕のおばあちゃん。こちらに来たのは16歳の時だったようです。後に、曾祖父が連れてきたチンピラ!?まがいの秋田出身の男と結婚。それが僕のおじいちゃんになります。物心付いた僕は家にチンピラがいる!と思ったほどです(笑)。

そしておばあちゃんが19歳で僕の母を生んだ時、同時に9番目の弟が生まれています。どうやら謎の幼なじみだったようです。ちなみに本当の曾祖母は若くして亡くなったので会ったことはありません。

共働きだった両親を持つ僕は、おばあちゃん子に育ったのは言うまでもありません。今でも僕の夫婦仲を探って来るあたり初孫の僕を気にかけているようです。

そういえば…おじいちゃんが亡くなる直前での見舞いでのこと。

「フ……ジ…オ(9人兄妹の7人目の弟の名前)」

と、 おじいちゃんが実の孫の僕をか細い声で間違えて呼んだのです。
フジオ叔父さんと僕、全く似ていない40歳離れた2人…
その時、横でおばあちゃんが「ついにボケたか!」的な感じでニヤニヤしていたのを覚えています。

それから時は経ち…
先日、おばあちゃんの二つ下の妹の法要がありました。
本物のフジオ叔父さんも酒に酔いながら会食が進んでいると、 おばあちゃんと目が合い僕にこう言いました。

「 フジオ!あっ、まーちゃん(ばーちゃんの9番目の19歳下の弟のあだ名)!じゃないターちゃん(僕のあだ名)!寿司余ったから食べて」と、 おばあちゃん子の僕を前に、おばあちゃんは瞬時に2回も名前を間違えたのです。
「また不二夫って言ってる!」と思いましたがあえてスルー。

祖父母にとって不二夫はいったい何なのでしょう。

そんな実家ではエンペラー的存在の僕のおばあちゃんですが、11月後半に「膵臓ガン」を告知されてしまいました。まだ元気で長生き継続中とは言えショックです。
僕の父が「我が生涯に一片の悔いなし」と言って昇天した際、「Tと飲み行ってくる!じゃ!」と病室での親不孝な会話が最後となり、いまだに後悔しているので、何かおばあちゃん孝行をしたいと切に願う今日このごろです。

みなさまのご両親や両祖父母が御存命なら、どうぞ足り過ぎるくらい孝行して上げて下さいね!生きているうちしかできませんよ~!と、同じ感情を抱かれている方はたくさんいらっしゃると思いますが……。

おしまい
 
 

最近の記事

関連する記事