G◎Daのウラナミ『北海道』

G◎Da

G◎Da
G◎Da サーフィン:13年 ホーム:鎌倉(今でも良い土地だと思う) 趣味:読書・ハイキング ひとこと:サーフィンと出会い人生が豊かになりました!色々な土地でサーフィンしたいです。今後ともよろしくお願いします。

g1

10月中旬、新しい定点カメラを設置するため北海道の浜厚真海岸に行きました。
ハイビジョン画質に変わりましたので、是非、定点動画などで画質確認をしてみて下さい。
従来の映像よりだいぶキレイです。

なお、波伝説では「スーパーライブ!」というサービスがあります。ライブ配信をしていて、片貝・鵠沼・七里ヶ浜の波情報の順に、磯ノ浦が高画質で配信されています。
今後も、それ以外の場所でも高画質化して行く予定なので、是非、チェックしてみて下さい。情報更新まで待つ時間がもったいない方や、やはり自分の目でも見たい方、まもなく風が変わる、そろそろサイズアップする時など大変便利です!

サービスの宣伝はさておき、寒さに弱い関東人のため、10月中旬とはいえ作業中は時折吹く冷たい北風に手がかじかむことしばしば。
現地の方は「きょうは温かい方だよ。」とおっしゃっていましたが、まだタッパで入る日も何回かあった10月の湘南に比べ、ここではもう北風小僧の寒太郎がやってきているのかと北の大地を甘くみた服装にやや後悔。
g2

「寒いけど空気が澄んでいるせいか、キレイな夕焼けでした」

g3g4

「夕方の浜厚真駅」
そして、初体験をしました。そこそこの風邪をひいていたため、まさかの航空性中耳炎に。
実は北海道に来る三日前くらいに、鹿児島~宮崎トリップから帰ってきたばかりの+☆maki☆+先輩が航空性中耳炎になったとのことでした。飛行機に乗れず九州から電車で帰ってきたようで、風邪をひいているなら気を付けろと忠告されたばかりでした。
そんな病状ウソだろ!?
と、何回も飛行機に乗ったことあるし、風邪をひいた状態で乗ったこともあったので、あまり信じていなかったのですが、高度を下げるにつれて耳周辺が痛みだし、地上に着いてからも周りの音は聞こえないし不快な時間がしばらく続きました。
風邪をひいているときは鼻をかむなどして鼓膜が痛んでいたりするのが原因で症状が出るらいしいです。皆さまもお気を付け下さい。

話は変わり波の話。
広い浜厚真のビーチでは所々良い波がブレイクしていました。

さすが外海!

g5g6

しかも、うまいサーファーが多かった印象です。
g7
g8
時間がなさ過ぎてノーサーフに終わり、ファンウェーブの目の前での作業は、強いフラストレーションを感じましたが、ウエットスーツの進化が著しい昨今、いつか再訪してみたいと思いました。
フル装備の方もいれば、NOブーツ・グローブの方もいて、それは、どこも寒さの感覚は人それぞれなんですね。
ちなみに北海道の概況を書いていて、毎年、衝撃を受ける事があります。
あと、1~2ヶ月すると、強い寒気が降りた時など、アメダスを見ていると外気温がマイナス何十度となる日があります。そんな中でも波が良い日は、数名のサーファーが入っているのです。
「すげー!今マイナスなのに・・・・」と衝撃を受けています。
なお、作業が長引いてしまい、「日没は超えるな~」「野生の動物が現れて目を光らせてたら怖いな~しかも熊だったら・・・」とやや落ち気味でしたが、暗くなるギリギリで何とか終えることができました。
そして、片付けを放棄したくなる冷たい北風の中、ダッシュで掃除などをこなし、さて空港に向かうかと車に乗り込んだ時でした。

g9

キツネが見送りに来ていました。
しっぽが可愛かったです。

このウラナミは北国体験の話となりましたが、これを書いている翌日は家族で奄美大島に行きます。
奄美大島出身の友人と、北海道・富良野出身の彼女さんとの結婚式を兼ねて行くのですが、北・南両端の方が集まるので、きっと小さな文化の違いなど見れたりしそうなので、色々楽しみです。
次回は奄美大島の南国ネタを書きたいと思います。

最近の記事

関連する記事