ECEのウラナミ『水温の上昇と共に上がるテンション♪』

ECE

ECE
ECE:サーフィンを通じて自然の大切さやありがたさ厳しさなどを学び、自分の人生においてバイブルとしており、大好きな海そして波を沢山見れるこの仕事に喜びを感じています。以前勤めていた観光業の経験を活かし、ウラナミやFBなどで千葉の魅力も伝えて行きたいと思っています。

IMG_1468

千葉北エリアでは、つい先日まではグローブをしようかどうか迷っていましたが、4月に入って南寄りの風が吹いた途端に水温が上昇!ブーツまでいらなくなリました。

このウラナミが発表される頃には3ミリで入っている方もチラホラいそうな勢いですね。

冬の間も前向きにサーフィンしていましたが、やはりブーツ・グローブがいらなくなるとより一層やる気が出ます。

そしてこの先は、3ミリフルスーツ~シーガル~タッパ~トランクスへと変わり、テンションは上がる一方ですね!
春は、出会いの季節でもあり、待ち遠しい夏の気配が少しずつ感じられるワクワクの季節です。
潮回りでいうと上げ始め、すなわちGO TO HIGH!!ってやつですね!
こうなるとサーフィンするときは可能な限り軽装で海に入りたいものです。

そこで、私たちは朝の5時頃にとてもアナログなやり方で、一宮ポイントの水温を計っています。
波打ち際ギリギリの所まで近づいて、小ぶりなバケツで海水を汲み取り、水温計で測るのです。
その水温を一宮ポイントのコメント欄や概況に載せています。
ウエット指数があるので、そちらを参考にされた方がわかりやすいのですが、どうしても個人差があるので、波伝説上級者の方にはこの「実測水温」を参考にされると良いかもしれません。
私も最初は水温を見てもピンときませんでしたが、1年も続けていると水温を見てどんなウエットにしようか判断できるようになりました。

例えば、私は千葉北オフィスでは一番寒がりです。ただし、千葉北オフィスの方達は寒さに強すぎるというか、鈍感というか。。。。
いずれにしても私はガッツのある女子よりも寒がりな35歳の男子です。
そんな私は、実測水温が13度になればグローブはいりません。また、15度あればブーツもいりません。
あとは天気や風向・風速次第です。
念のため、その日の水温が発表される前に出発する方のためにワンポイントアドバイスですが、千葉北エリアでは北~北東寄りの風が吹くと水温は下がる傾向です。また、南寄りの風が吹くと水温は上がる傾向です。ただし、南エリアでは南寄りの風が吹くと水温が下がるという摩訶不思議な現象があるので、ご注意ください。

寒さの恐怖さえなければ、波が良くなくても、海に入るだけで気持ちが良いものです。
それでは、長いようで短い日本の暖かい季節を楽しむために、まずは、きょう1日をしっかりと楽しんでみましょう!

Have a good day!!

最近の記事

関連する記事