banpaku88のウラナミ『海を知って!モット海を好きになろ♥5』

banpaku88

banpaku88
・所属部:海洋事業局
・生育ち:東京都中野区弥生町1丁目
・波乗歴:24年(ショート/24年・ロング/5年)
・釣り歴:2年
・血液型:もう少しでB型(検査結果A型)
・好食物:スパゴのウニタラコイカスパゲティー、ZESTのブリトー
・好飲物:ジャスミン茶・麦酒/麒麟:グリーンラベル・ハートランド
・好歌手:安室奈美恵(CST歴5回:代々木/横浜/八王子/沖縄/FTTKDOME)
・好歌:S19B、Say the word、ROCK U feat
・尊敬人:プロアングラー児島玲子氏
・欲超人:MK、KAZUYA、ST

IMG-3705

 
 
皆さんお元気ですか?
banpakuのウラナミvol,45です。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
いや~、7月ですね~、夏ですね~

さて、今年7回目のウラナミはこちら↓

「海を知って!モット海を好きになろう♥5」です。

今回もウラナミを通じて「海のこと・天気のこと」を学んでいきたいなと!
といっても、コンセプトは、難しく考えるのではなく「簡単にシンプルに」です。

「ことわざ・言い伝え・格言」などを中心に進めていきたいな~と思っております・・・
皆さん優しく見守ってください~

————————————————————
さてさて、ではでは、今回はこちら

「煙突の煙が下を這うと風の兆し」です。

不思議な表現ですね~

では、なぜ「煙突の煙が下を這うと風の兆し」なのか?

→その理由はこちら
・上空の空気が「煙突の煙より暖かいため」です。

なるほど・・・
しかし、煙は、なぜ暖かいと上昇しないのでしょう・・・

→更に調べてみました
・通常、煙突から出た煙は暖かいため、周りの空気より軽く、上へ上へと上昇してます。
 しかし、逆転層という現象が発生しいると、煙突の煙は上昇しません。

 その理由は、逆転層では上層ほど空気が暖かいので、煙も周囲の空気より温度が低くなり
 浮力が発生しません。よって、上昇せずに水平に這うように流れるようになるそうです。

なお、このような現象が起きるときは「低気圧の前面でよく見られる」そうです。
そして、この現象が見られると「今後、風が強くなる見込み」とも言われているそうです。

いや~、またしても、なるほど~、ですね・・・
今回、新しく出てきた単語を簡単に説明しましょう!

・逆転層
 ∟気象学用語のひとつ
 ∟気象学において逆転とは、高度に伴う大気の性質、特に気温の変化が通常と異なる現象(気温逆転)であり、
 普通ならば高度の上昇にともない気温が低下するはずなのに、逆に上昇していることをいう。
 ※参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/逆転層
 
ダウンロード
 
いや~こちらもなるほどですね~、ですね・・・

次回も夏ネタでお届けしたいと思います!

今年は、引き続き天気を知り、海を知りもっともっと
「海を好き」になるべく、情報を集めていきまーす!

————————————————————

引き続き、サーフィンも含め、マリンレジャーへお出かけになる際には、
是非とも波伝説の姉妹サイトの海専門の気象情報サービス「海快晴」も活用いただけるとうれしいです!

↓詳しくはこちら↓
https://www.umikaisei.jp/static/umi_ADLP_201605/

それでは、またのウラナミで!

引き続き「Enjoy2018」してくださ~い!

banpaku88

最近の記事

関連する記事