KYのウラナミ『スパイラル』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

IMGP0865

皆さんはリペアをどうされていますか?

私はなるべく自分でやるようにしています。(程度にもよりますが・・・)

 

サーフトリップを10日後に控えた日、起きてしまいました。

板のデッキ部分が陥没・・・。中のフォームが潰れて、ボトムが透けて見える程のヒドい状態です。

その時はできるだけ海水を吸わないように患部を手で押さえて、急いで海から上がりました。

まずは、真水で患部を洗い、中の水が完全に抜けるまで乾かしてから、リペアのスタートです。

 

中で潰れているフォームをくり抜いて、同じ形にフォームを削って、埋め込む。

出来あがりをイメージして色も付けてみました。

 

IMGP0952

つぎに、患部より余裕を持った場所にマスキングテープを貼って、他の場所を間違って削らないよう区別します。
そして、紙ヤスリ(空研ぎ)でフォームと患部を少し広めに削ります。
IMGP0986
FRP樹脂とパウダーを容器に入れてよくかき混ぜ、数滴の硬化剤を入れ、再びよくかき混ぜて患部に流し込みます。
この日は、固まるまで1〜2時間放置しました。
IMGP0989
ここでヤスリをかけますが、今回患部がデッキ上部(私のは一層巻き)のためクロス(ガラスクロス)1枚分を意識して削りました。
クロスをマスキングテープで貼って、その上に今度はパウダーを入れていない透明の樹脂を塗ります。
やはり、固まるまで1〜2時間放置・・・。

IMGP1061

余分な部分をヤスリで削り、周囲とのフォルムを整えて、さらにヤスリの目を細かくしていき、最後に耐水ペーパーで自分の気が済むまでツヤを出したら完成です。

IMGP1132

急いでやった割りには上手くいったと思います。

そうはいっても、大切なマイボード・・・
綺麗に直すのならば、やはりサーフショップに頼むことをお勧めします。
ただ、壊れた板をキッチンテープなどで応急処置したまま放置するよりは自分で直してしまうというのもアリですよね。
これでやっと、お気に入りのマイボードにまた乗れる!

と、喜んでいたのもつかの間、
今度はリペア中にノーズをやってしまいましたぁぁ!!!

IMGP1126

どうやらリペアの「スパイラル」にハマってしまったようです。

最近の記事

関連する記事