G◎Daのウラナミ『高知出張』

G◎Da

G◎Da
G◎Da ホーム:鎌倉(今でも良い土地だと思う)
趣味:読書・ハイキング
ひとこと:サーフィンと出会い人生が豊かになりました!色々な土地でサーフィンしたいです。
夢:世界一周

IMG-5661

九州付近を台風4号が北上していた7月前半のこと。

湘南に波長の長い南西うねりが届くかと思いましたが、物足りないサイズだったので足早にサーフィンはやめ、夕方から車を走らせて高知県の生見海岸にライブカメラを付けに行く予定だったため、近所のホームセンターなどで買い出しをしていました。

台風コースを見ると、どうやら私は西日本で落ち合いそうな予感です。

家族には、「わざわざ台風が来てるところに向かうの?」
徳島出身の義理父には、「田舎の台風をなめちゃいかんよ」
と脅かされました。

とはいえ、何か月も前から沢山の人の予定を調整して進めていたので、そう簡単に取りやめる訳にもいきません。

大した雨ではないなと、夜の伊勢エリアに差し掛かったころです。
太平洋高気圧ががっつり張り出していたこともあり、湿った空気がいつもより流れ込んでいたのでしょう。
シャワーを越えるような雨がしばらく続きました。暗くて視界はほとんどなくなり、ワイパーはフルMAXでも効かず、暗闇に浮かぶ車の陰を頼りに走行したほどです。

そして、一旦は弱まった雨ですが、関西へ差し掛かると洗車機に入ったような状態が続きました。さぞ車はキレイになったことでしょう。

ラジオからは、気象庁が「線状降水帯」を確認したと流れてきました。雨雲レーダーを確認したところ、GPSではドンピシャです。昨年熱海で起きた、大災害となった土石流を思い出しました。
通行止め連発で、国道の壁面からは水が吹き出しています。四国といえば沢山の川がありますが、ほとんど真っ黒で氾濫ギリギリ。四国の雨は生命の危険を感じるほどでした。

調べたところわずか半日の雨量が平年の7月1か月分に匹敵する記録的な大雨となったようです。また、徳島県那賀町では雨量観測史上、1位だったとか…。

毎日遭遇するゲリラ豪雨を避けながら作業をこなし、熱中症になりながらも無事作業を終え、今回で5回目の四国でしたが実は初めてサーフィンすることができました。IMG-5660IMG-5659

仕事後のクイックサーフィン。
なるべく荷物をなくすため、トランクスのみ持ち込みました。
ひんやりした黒潮は、超汗臭い体を清める最高のひと時でした。

「生見リポーターの新居さん」、サーフィン中、僕らの汗臭い服から下着まで毎日洗濯してくれて、干してくれて、ご飯までふるまってくれてありがとうございます。

なお、現在、生見海岸のライブ動画が閲覧できるようになっています。ベーシックコースをご契約会員様は30秒間無料、「スーパーライブ!」オプションをご契約の会員様は無制限でご視聴いただけます。波情報が更新されるまでの間を補完する情報としてご活用ください。

是非チェックしてみてください!

最近の記事

関連する記事