Wandaのウラナミ『ブルーノート東京・パブロ・クルーズ』

wanda

wanda
夏は湘南OWS事務局として活動。 趣味は広く浅く(笑) NZで一年生活したのち世界一周旅行を生涯の夢として妄想し続ける・・・ 波伝説への記事掲載・広告のご用命はお気軽にご連絡ください。

1

1988年11月、東京・南青山。N.Y.の「Blue Note」を本店に持つジャズ・クラブとしてオープンした「ブルーノート東京」。
8/2(日)サーフ・ロックの伝説的ユニット、パブロ・クルーズのライブがブルーノート東京で行われた。

会場は大人な雰囲気ばっちり!

会場は大人な雰囲気ばっちり!

3 4

普段はこんなオサレなところには来ることが滅多にありませんが・・・こんな雰囲気のおしゃれなところでも、それに流されそうになる自分との戦いに打ち勝ち、【とりあえずビール】のファーストコールが無事にできました。
しかし若いころは、大人になったら馴染みのバーのひとつやふたつはあって、そこで小説の主人公のようにひとり寡黙にバーボンを飲んだりするようになるものだと思っていたのですが現実はつらいものですね(笑)

私は失礼な話ですが、これまでパブロ・クルーズを知りませんでした。この仕事がきっかけで知り、Youtubeとかで予習していったんですが実際にライブで聞いてみると全然違う!まずかっこいい!みんないいおっちゃん(^^)/って感じだけどパワフルなんです!ライブの時間は1時間半ぐらいでしたが、それもあっという間の時間でした。
ちなみに パブロ・クルーズのメンバーは
Dave Jenkins(vo,g)デイヴ・ジェンキンス(ヴォーカル、ギター)
Cory Lerios(vo,p)コリー・レリオス(ヴォーカル、ピアノ)
Steve Price(ds)スティーヴ・プライス(ドラムス)
Larry Antonino(b)ラリー・アントニーノ(ベース)
1973年にギター/ヴォーカルのデヴィッド・ジェンキンス、キーボード/ヴォーカルのボビー・レリオス、ドラムスのスティーヴ・プライスらを中心に結成。’75年にメジャー・デビューを飾り、’77年にアルバム『A Place In The Sun』が大ヒット。

真夏の週末にとても素敵な時間を楽しんじゃいました。
しかしもっと大人な雰囲気が似合う男になれるために努力をしないと・・・

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。

(英国の女優 / 1929~1993)

最近の記事

関連する記事