KYのウラナミ『コーニー&アッサニー』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

ky1

台風の名前で、

15号が『コーニー』・韓国語で「白鳥」
16号が『アッサニー』・タイ語で「雷」

二つの台風がうねりを届け始めてから、クローズになり、通過してバックスウェルが届くまで、海は日々変化していました。

今回の台風は波がかなり手前まで打ち寄せて来ていて、駐車場や遊歩道が波をかぶってしまい、多くのゴミや大木が流れ着き散乱していました。
それと共に、南東・東うねりが特に強かったので、ちょうど正面からブルドーザーで砂を押してくるような状態になったようで、いくつかのポイントではビーチが高くなっていました。

ビーチが高い・・・と言うと解りづらいですが、よく遊歩道からビーチに降りる際に数段のはしごや階段を降りるようなポイントがありますよね。
おそらく1m50cm~2m位の高さがあるのですが、それがヒザ位の高さになっていて、はしごが無くても歩いてビーチに降りられるようになっていたのです。

その盛り上がった砂のせいで、川の水が海に出られなくなって、河口付近が増水していたり、色々な事が起きていました。

私達サーファーの心配事といえば、この台風によって地形がどう変わったのか、良くなったのか、悪くなったのか・・という事。

皆さんのホームポイントでは、どんな変化がありましたか・・・・?

最近の記事

関連する記事