KYのウラナミ『トロピカル・リーシュ・ウィーク』

KY

KY
KY:防災士。『波伝説カー』と共に海から海へ… 10年目に突入し、その移動距離は月迄の380,000kmを折り返し、目下地球に帰還中です!

ky

 

今年最後の台風スウェルとなるであろう「台風23号・メアリー」から波が届いた日。

 

 

・・・その数日前に、近くのポイントでサーフィン中にリーシュが外れてしまい、ボードが流されて焦ったことがありました。

すぐに泳いで取りに行きましたが、原因は、ベルクロ部分がきちんと止まっていなかったからです。

その後は、しっかり止めたため、もう取れることはなく翌日もサーフインをしましたが、ベルクロ部分の付きが少し悪くなっている様な感じがして気になっていました。

 

その日の夜、波予想ツールや概況などを見ると、どうやら3日後には台風スウェルが届くとの事。

 

 

「このままではいけない!そうだ、リーシュを買いに行こう!」

という事で、翌日さっそく購入しました。

 

「リーシュ」は、おもりをつけ、二階から吊るした状態で丸一日かけて伸ばしておきました。

 

 

 

 

そういえば、ワックスの事も気になっていました。

・・・朝晩は寒いし、もう11月だから・・と、「クール」を使用していました。今年は水温が異常に高いので、波待ちしている間にワックスが溶けてウエットに付いてベトベトしたり、テイクオフの際に手や足が、粘土を掴むようなグニュっとした感じがしていたのです。

 

「このままではいけない!そうだ、ワックスも塗りなおそう!」

 

スペシャルな波が期待できる時は、普段もよくワックスを塗りなおしたりしますが、今回はいつもとちょっと違いました。

「クール」から「トロピカル」に塗りなおしたのです。

 

 

さあ、水温に適したワックスでしっかりとしたグリップ力を取り戻したボードと、新品のリーシュで、準備は万端です。

 

 

「台風23号・メアリー」到着!

 

 

・・・早々に温帯低気圧化してしまい、一番狙っていたポイントは不発だったので残念でしたが、場所を変えて第二狙いのポイントへ・・。

何とか良い波でサーフィンすることができました。

 

そして、バックスウェルなんて期待していなかったのですが、翌日も、その次の日も波が続きました。とうとう終わったと思われたその次の日に、また新たな低気圧が発生。

これまた、場所が近すぎて、まとまりのない風波で終わるのかと期待していなかったら、しっかりとしたうねりになり、なんと、「台風23号・メアリー」で狙っていたポイントが良くなったのです!

 

その日、そこのポイントでは入ってすぐの波と帰る時の波の2本、チューブに入る事が出来ました。最高でした!!!

 

「台風23号・メアリー」到着から始まった1週間、名付けて、「トロピカル・リーシュ・ウィーク」!

 

 

今年一番熱い1週間になりました。

 

最近の記事

関連する記事