波乗り写真家 Nobu Fukuの旅 『 北スマトラの西海岸 』

NOBU FUKU

NOBU FUKU
1963年生まれ静岡県出身 サーファー&プロカメラマン 最高の波を求め1994年にインドネシアのバリ島へ移住、バリ島をベースにインドネシア各地で波乗り&撮影活動する。旅する波乗り写真家 Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

4N5A5647

 

 

1nov
朝からオフショアでピークだけがホレ上がるグッドウェーブ。

3Y7A0924

 

ピークから少しでもショルダーからテイクオフしようとすると波においてかれる。
なかなかピークに合わせるのが難しそうに見える。
ここの波をメイクするには奥のポジション、ビハインドピークからレイトテイクオフするつもりでパドリングの必要がある。

 

3Y7A0840 3Y7A0873

 

朝だけ少し撮影して午前中はディンギで北上し他のポイントをチェック。

 

3Y7A0930

 

至る所で胸位のライトやレフト、Aフレームの波が無人で割れている。

湾の中なので今朝のポイントよりサイズは小さいがチュービーなファンウェーブである。

 

4N5A5623

 

ラムノに停泊。

 

3Y7A0711

 

 

2nov

 

4N5A5664

 

昨日飲んだビーツジュースか、ココナッツジュースなのか、朝から快便である。
前日に急遽今日アチェで下船することを知らされ、ひと段落した気分とこの後のアチェでのスケジュールを立てることや荷造りのことで頭がいっぱいになった。
朝食の後、荷造りに取り掛かりひと段落した。
すると、ゲスト達が波乗りに行くらしい…あれ?
下船は明日に変更するらしい?

 

3Y7A1045

 

ひとまず鳥島の波をチェックすることにした。
ディンギでそのポイントに着くとオンショアでダラダラなライトの波だった。
地形は良いので風が合えば素晴らしい波になるのは間違いない。

 

3Y7A1007 3Y7A0969

 

 

近くに洞窟のある小島があり、その洞窟でツバメの巣を採って生活している住民がいた。

 

3Y7A1054 3Y7A1079

 

そして、アチェに到着して1ヶ月半に及ぶスマトラ船上生活が終わった。
無人島の波や未だ誰もいないシークレットポイントを探しながら船での生活、インターネットは無いしシャワーの水は雨からといった感じで便利なモノはまったく無い場所だったけど素晴らしい波と美しい自然に囲まれて素敵な時を過ごすことができた。

明日からアチェでの撮影&波乗りの旅が始まる。

 

 

3Y7A0795

 

surfbanyak.com

Thank you for all of your support.

 

 

最近の記事

関連する記事