日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート1

NOBU FUKU

NOBU FUKU
1963年生まれ静岡県出身 サーファー&プロカメラマン 最高の波を求め1994年にインドネシアのバリ島へ移住、バリ島をベースにインドネシア各地で波乗り&撮影活動する。旅する波乗り写真家 Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

IMG_4161

 

ここは〜!

インドネシアの太平洋側にある島。。。

 

日本列島が極東のシベリアから降りてくる寒気団にすっぽり包まれ、西高東低の冬型気圧配置が強まる頃、 アリュ-シャン沖で巨大に発達した低気圧から南下してくる極上のスウェルが ハワイ、ヤップ、パラオ、パプアニュ-ギニア、そしてフィリピンと共にインドネシアの パシフィックサイドにも届く。今回の旅先は、インドネシア最東端の群島で別名「スパイス・アイランド」と呼ばれる北マルク諸島。

 

IMG_4066

 

 

OMツアー主催のサマサマボートによる旅。

バリ島在住のサーフフォトグラファーの私 Nobu Fuku

サーフライター&ライダーとして同じくバリ島在住の 吉田 忠左

そして、ツアー参加メンバーと共に、

今回は未だ日本人が波乗りしたことのないハルマヘラ島東海岸をサーチするという企画

 

 

世界的にもメディア初公開となるハルマヘラ東海岸のサーフトリップ

どんな波と巡り逢うことができるか。。。

 

 

プロフィール

3Y7A1536Tadasuke Yoshida  (吉田 忠左)

81年神奈川県茅ケ崎市にて小説家の父と洋服デザイナーの母との間に生れる。

サーフタウンの湘南でコーストカルチャーに慣れ親しみながら幼少期を過ごす。

93年からNSAを数々の試合をフォロー。

97年ISA世界戦に出場(インドネシアバリ島)

99年JPSAフォローし始め、VQS世界選手権出場(カリフォルニアニューポート44th)

00年月刊誌サーフィンワールドにて’would like some tdsk という音楽コラムを3年間担当

01年surfとsk8を競い合う大会サーフスケーターズにて総合5位

02年と04年サーフィンワールドの半年連載企画(風と波と音の旅)のメンバーとして参加しテキストを書きながら各地にいるサーフミュージシャン共にキャンピングカーの中でJAMセッションを行いその音源を収録したCDを2度に亘り発表する。

05 年セブンウェットスーツのクラフトマンでもありoiso rockersのパーカッションを務めるRAS DASIHHとサーフスケーター3タイムチャンプ関根大地とともにreggaebackband(BREDREN Gmans)を結成と同時にCDジャケットやキャラクターデザインを数々のイベントフライヤー手掛ける。

11年拠点をインドネシア、バリ島に移しyoshidacapsint.を設立。数々のアパレルブランドの別注の帽子を手掛けcap maker,帽子デザイナーとして活動中。

14年帽子デザイン制作の傍らに自ら乗る変態サーフボードのデザイン企画し制作をするtadasukeyoshida kustomdesignを設立し波乗りの聖地バリ島でボードをテストライドしながら変態ボードの発給に努めている。

 

 

 

 

 

 

 

日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート1

 

 

photo : NOBU FUKU PHOTOGRAPHY

caption : NOBU FUKU

text  : TADASUKE YOSHIDA

 

 

 

 

 

2月4日〜5日

デンパサールからガルーダ航空に乗りメナド着。

IMG_4090 IMG_4105 IMG_4118

 

 

その日は空港から車で10分の場所にNOVELhotel and resort で22時にチェックイン

IMG_4133添乗員として現地でのサポート、通訳やガイドも行います。m(_ _)m

 

 

早朝のウィングエアラインでカオ空港まで行き、今回のボードトリップに参加メンバーと合流した。

IMG_4151 IMG_4157

ライターとして僕の重〜いカメラバッグを運ぶタダスケくん m(_ _)m

 

 

 

 

 

IMG_4179

 

そこから車でサマサマ号のあるトベロ港へは約1時間半弱で辿り着いた。

IMG_4223 IMG_4224

 

港に着くまでには参加メンバーのボードケースの一つがカオ空港に届かずメナド空港で置いてきぼりになったりトベロ港付近のATMでキャッシュカードが出てこなくなったりアクシデントは続いたがとりあえずトベロ港付近沖合で停泊をすることになった。

IMG_4233 IMG_4246

 

 

数々のアウターリーフのポイントや小さな島々が点在していた。

サマサマ号のフランス人のキャプテンジョコがお勧めするグリーンプールポイントに入ることになった。

IMG_4269

 

ライトブレイクは1〜2feetで大きな岩棚は少し外側に開いていき徐々にインサイドに行くに連れ内側よっていき水深が深くなる為イージーな波であった。

レフトブレイクはライトブレイクと比べるとシフトして来て良い波だがインサイドが少し浅いが足が付く程ではなかった。

海から上がってくると参加メンバーがサマサマ号からエギングをしていて何匹もイカを釣っていて盛り上がっていると嬉しいお知らせがあった。

マナドで置き去りにされたサーフボードがトベロの港に届いているとの事だった。

そのサーフボードが届くまでトベロの沖合で待機をするという話していたので皆が自分事かの様に喜んでいた。

そして今晩からハルマヘラ島へと向かい最終目的地ワォト島へのボードトリップが幕が開かれたのであった。

IMG_4273

 

日本人でも初となるボートトリップである。

22時から7時間を掛けハルマヘラ東海岸へ。

 

 

 

 

2月6日

 

夜が明けようする頃、頭上にに広がる星がやけに近く感じとても神秘的な光景であったのを覚えている。

名前は伏せてほしいとキャプテンが話していたので名前公表は控える事になった。

とある岬の北側で停泊することに決まり。

岬の北側に面した湾内は有に7キロはあるであろう。

突端から無数のライトブレイクが点在していて広いチャンネルを挟んで疎らに割れるレフトブレイクがある。

そのチャンネルの横に位置するマカデミアというライトブレイクに入る事になった。

 

AD0Z1439Makoto

 

 

AD0Z0864Yusuke

 

 

AD0Z1002Yuki

 

 

AD0Z1394Toshiki

 

 

AD0Z1226Masami

 

 

AD0Z1096Tadasuke

 

 

 

そこは岬の先から広大な岩棚の一番端に位置するチャンネルからも近いためゲッティングアウトも比較的に楽である。

参加メンバーはget easy pointと、なずけていた。

 

IMG_4307

 

サイズ3feet前後ぐらいであった。

推測ではあるがピーク付近に大きな岩が海底にあり沖から来たウネリがあたりそこに当たるため割れる波で

水の量が多くダブルアップをして最初のセクションはバレルに入ることもできる。

セットでなくても4アクションはできるファンウェーブであった。

 

AD0Z1202Yusuke

 

AD0Z1700Makoto

 

 

AD0Z1801Tadasuke

 

 

AD0Z1842Yuki

 

 

 

レフトブレイクはポイントブレイクではなく岩棚と砂が不規則に混じりあっていてポジションをキープするのは難しいがたまに来る良い波を待ちポジションキープすればバレルたまにあるがエクセレントではなかった。

このポイントはメンバーたちがget hard ポイントと話していた。

IMG_4332

 

夕方もマカデミア波乗りをし流石にメンバー達は波にも慣れそれぞれに楽しんでいた。

その夜は岬の北側に停泊することになった。

 

 

 

 

 

メンバー紹介

 

3Y7A1513KOBAYASHI YUKI (38)

 

誕生日1978.10.19

169㎝ 57㎏  B型

横浜市在住

良く入るポイント    湘南、千葉南、北、茨城県 鹿島周辺

 

 

 

3Y7A1556YOSHIZAWA YUSUKE (41)

 

趣味は波乗りと釣りとキャンプ。

出勤前の波乗りと釣りが好きな41歳、会社員。

 

 

 

 

3Y7A0768HIRATSUKA MASAMI

 

ボディーボード歴15年の30代、茅ヶ崎出身。

バレルインを目指すも敢え無く撃沈中、、、

 

 

3Y7A1500TANAKA TOSHIKI (64)

 

葉山から参加したNPOアイデアルリーフの代表 田中俊樹氏
個人的視察旅行としてこのボートトリップでうねりの方向とリーフの形の調査をし、サーフィンを楽しむ。

 

 

3Y7A0745AMEMIYA SHINJI (42)

 

NPOアイディアルリーフの専務雨宮信二さん
サーフィンをしらながらいろいろな情報を収集

 

 

3Y7A1509MIYAZAKI MAKOTO (43)

 

三重県津市でお好み焼き店「てっぱん道楽  まる」を経営

休みの日は伊勢国府の浜で波乗り

 

 

日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート2へ続く、、、

 

 

サーフィンができることに感謝して
その一瞬を大切にする気持ち
忘れず波乗り続けて下さい。

 

バリ島の最高な波に乗って
サーファーとして
生きた証
残しませんか?

 

バリ島の最高な波で一生の思い出に残るサーフショット!

最高な波に乗って人生の宝物を撮りましょう!

 

12528009_541184409371715_645140656_nバリ島サーフィン写真撮影依頼

 

 

ありがとうございます。
Nobu Fuku Photography

 

 

Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

Facebookページ : https://www.facebook.com/nobufukuphotography/

 

 

 

最近の記事

関連する記事