S.Kのウラナミ『「SF思考」で80歳でもサーフィン!?』

S.K

S.K
S.K:千葉北の波伝説にて十数年。若い頃からピーターパン症候群?! 大人になりきれず、ウラナミの内容も幼稚でアホくさくてゴメンなさい!笑 海に魅了され、瞳が澄んだ笑顔の素敵な人達との出会いを大切に…。 Keep smile! Stay cool!

IMG-2817

先日、「SF思考 ビジネスと自分の未来を考えるスキル」という本と出会い、その中で80歳のお婆ちゃんサーファーの話が出てきた。

そもそもSF思考とは?という問いかけから始まる書でもあるのだが、SF小説などが作り上げられるベースには、ただの想像だけによる世界ではなく、論拠を精査された上での未来ストーリーとして成り立っているとのこと。そして、世界を席巻したサービスにはSF思考的なところから派生したものも多く、企業としても個人としても現実的な将来像よりも、もっと飛び抜けた先の想像上の未来を描くことにより、よりワクワクするような未来ストーリーが始まるというような趣旨である。
そして、その思考法こそが、企業のこの先のサービスなどにおいても活用することができるというような流れであった。
ただ、本の内容は要約できないものであるので、詳細はもちろん本をご覧頂くしかないですよね!?
IMG_2771
さて、近い将来ではなく、遠い未来に待ち構えているであろうサーファーとしての自分、その未来の海を取り巻く環境はどうなっているのか?
今や海の中でも還暦を越えたご年配の方々が、全く年齢を感じさせない動きをしているし、まさに心身ともに健康そのものであるように見える。
また、すでにスマホ連動腕時計をして健康管理だけでなく自分のライディングデータを取っている人もいれば、ドローン撮影なども徐々に増えて驚くべきものではなくなってきている。
IMG_2772
それが50年後にどうなっているのかという観点から、この「SF思考」という本の中での後半に5つ紹介される短編小説のうちの1つである「海の感情」(高橋文樹氏)というのが、50年後のサーファーお婆ちゃんの話が題材になっている。
なんとなく想像しやすいような気もするし、ちょっと飛び抜けた感もあるのだが、なかなか面白いし考えさせられる点も多々ある。
IMG_2776
まあ、誰もが歳を重ねて年老いていくものの、いつまでサーフィンができるのだろうか !?
今現在の海の中でも、還暦を越えて現役バリバリのサーファーの方々が多くなっていることを踏まえると、50年後まで行かなくても、10〜20年後には、その方々が70歳〜80歳になっても元気にサーフィンしているのかもしれないですね!?
子供達の未来も楽しみだし、自分たちの未来もどうなっていくのか、想像するだけでもワクワクしちゃいますね〜っ!!

最近の記事

関連する記事