バリ島の波 (7月29日)

NOBU FUKU

NOBU FUKU
1963年生まれ静岡県出身 サーファー&プロカメラマン 最高の波を求め1994年にインドネシアのバリ島へ移住、バリ島をベースにインドネシア各地で波乗り&撮影活動する。旅する波乗り写真家 Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

AD0Z0980

 

バリ島サーフィン写真撮影依頼

 

 

 

 

7月29日

 

AD0Z0697

 

コンパクトでチュービーな波のビンギン

最近は波のサイズもあるので撮影に気合が入る。

 

 

今回の撮影依頼は、東京からお越しの 染羽 文夫さん(43歳)  会社員
週末サーファーで、部原や和田方面で良く波乗りしてるらしい。

 

AD0Z0894 AD0Z0917

 

大きい波は難しいが、是非ビンギンでショットを残したいという希望で、波情報と潮回りを考慮して撮影日は7月29日に決まった。

 

パダンパダンでウェイティングしているリップカールカップ開催の時期

AD0Z00617月28日、 パダンパダン

 

 

撮影依頼の前日、スタンバイとなっていたパダンパダンの大会は延期となったが波は十分にある。
ロータイドから潮が上げ始めるタイミングで撮影が始まった。

 

AD0Z1299 AD0Z1306

 

日本では経験できないような波がこのフォトセッションで実現した。

ワイプアウトも2~3回?
折れそうな気持ちを奮い立たせ何本もグッドウェーブをメイクした。

 

AD0Z0980

 

 

世界中から最高の波を求めてバリ島ビンギンへやってくる

ツワモノ揃いのサーファーがいる中で、

日本から短い休みを取ってバリ島旅行、週末サーファーが来ていきなりその日のベストな波に乗ることは無理に等しい。

 

今回のサーフガイドはビンギンのストロングローカル “スティーミー

 

AD0Z1072 AD0Z1116

 

スティーミーの一声で良い波にフミオさんがパドルすると、

お陰様で、他のサーファー誰一人として、その波を追いかけることはなかった。

 

AD0Z1542 AD0Z1558

フミオさん、お疲れさまでした。

 

 

 

AD0Z1680

 

 

Thank you for all of your support.

 

 

 

サーフィンができることに感謝して
その一瞬を大切にする気持ち
忘れず波乗り続けて下さい。

 

バリ島の最高な波に乗って
サーファーとして
生きた証
残しませんか?

 

12528009_541184409371715_645140656_nバリ島サーフィン写真撮影のお問い合わせ先

 

 

バリ島の最高な波で一生の思い出に残るサーフショット!

最高な波に乗って人生の宝物を撮りましょう!

 

IMG_7110

 

ありがとうございます。

Nobu Fuku Photography

Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

Facebookページ : https://www.facebook.com/nobufukuphotography/

 

 

 

 

 

 

最近の記事

関連する記事