日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート3

NOBU FUKU

NOBU FUKU
1963年生まれ静岡県出身 サーファー&プロカメラマン 最高の波を求め1994年にインドネシアのバリ島へ移住、バリ島をベースにインドネシア各地で波乗り&撮影活動する。旅する波乗り写真家 Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

AD0Z2615

 

日本列島が極東のシベリアから降りてくる寒気団にすっぽり包まれ、西高東低の冬型気圧配置が強まる頃、 アリュ-シャン沖で巨大に発達した低気圧から南下してくる極上のスウェルが ハワイ、ヤップ、パラオ、パプアニュ-ギニア、そしてフィリピンと共にインドネシアの パシフィックサイドにも届く。今回の旅先は、インドネシア最東端の群島で別名「スパイス・アイランド」と呼ばれる北マルク諸島。

 

IMG_4066

 

 

OMツアー主催のサマサマボートによる旅。

バリ島在住のサーフフォトグラファーの私 Nobu Fuku

サーフライター&ライダーとして同じくバリ島在住の 吉田 忠左

そして、ツアー参加メンバーと共に、

今回は未だ日本人が波乗りしたことのないハルマヘラ島東海岸をサーチするという企画

 

 

世界的にもメディア初公開となるハルマヘラ東海岸のサーフトリップ

どんな波と巡り逢うことができるか。。。

 

 

プロフィール

3Y7A1536Tadasuke Yoshida  (吉田 忠左)

81年神奈川県茅ケ崎市にて小説家の父と洋服デザイナーの母との間に生れる。

サーフタウンの湘南でコーストカルチャーに慣れ親しみながら幼少期を過ごす。

93年からNSAを数々の試合をフォロー。

97年ISA世界戦に出場(インドネシアバリ島)

99年JPSAフォローし始め、VQS世界選手権出場(カリフォルニアニューポート44th)

00年月刊誌サーフィンワールドにて’would like some tdsk という音楽コラムを3年間担当

01年surfとsk8を競い合う大会サーフスケーターズにて総合5位

02年と04年サーフィンワールドの半年連載企画(風と波と音の旅)のメンバーとして参加しテキストを書きながら各地にいるサーフミュージシャン共にキャンピングカーの中でJAMセッションを行いその音源を収録したCDを2度に亘り発表する。

05 年セブンウェットスーツのクラフトマンでもありoiso rockersのパーカッションを務めるRAS DASIHHとサーフスケーター3タイムチャンプ関根大地とともにreggaebackband(BREDREN Gmans)を結成と同時にCDジャケットやキャラクターデザインを数々のイベントフライヤー手掛ける。

11年拠点をインドネシア、バリ島に移しyoshidacapsint.を設立。数々のアパレルブランドの別注の帽子を手掛けcap maker,帽子デザイナーとして活動中。

14年帽子デザイン制作の傍らに自ら乗る変態サーフボードのデザイン企画し制作をするtadasukeyoshida kustomdesignを設立し波乗りの聖地バリ島でボードをテストライドしながら変態ボードの発給に努めている。

 

 

 

 

 

 

日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート3

 

 

photo : NOBU FUKU PHOTOGRAPHY

caption : NOBU FUKU

text  : TADASUKE YOSHIDA

 

 

 

 

2月8日

3Y7A0788

朝は岬の南側の突端に位置するレフトブレイクに入ることになった。

 

3Y7A0833

 

ポイント名は公表はできないが4feet前後でピークはCの字で掘れ上がりシリンダーの如く開いたバレルの中から後ろの景色が見えるほどであった。

 

AD0Z2596

 

そんな波が湾曲した岩棚に沿ってラインナップをしている。

 

AD0Z2460

 

参加メンバーは興奮状態で海に入っていく。

 

 

沖に辿り着くとやはり激ぼれで走り出しの良い板でないと乗れない程であった。

 

AD0Z2197Tadasuke Yoshida

 

 

 

 

AD0Z2314 AD0Z2344Makoto Miyazaki

 

 

 

AD0Z2729 AD0Z2757 AD0Z2440Masami Hiratsuka

 

 

AD0Z2545 AD0Z2997Yuki Kobayashi

 

 

 

そ れぞれにチャージを見せたが一人は酷いパーリングをしてロックダンスをしてしまい無料Tattooのお土産を頂き、一人は卸立ての板が真っ二つになるとい うハルマヘラ島の洗礼を受けるがサーファーである経験値とノブフク氏による撮 影で素晴らしくアメージングな写真を残していたのは言うまで無いだろう。

 

 

 

 

 

北側のポイントへ移動する。

 

AD0Z3124

AD0Z3141Yusuke Yoshizawa

 

 

 

 

 

AD0Z3162Masami Hiratsuka

 

 

 

AD0Z3217Tadasuke Yoshida

 

 

 

 

AD0Z3262

 

今夜の22時から南下し始めた。

8時間を掛け最終目的地の孤島であるワォト島へとむかった。

 

 

今回の移動の中でも風がゆるくあまり揺れないのでよく眠れた。

 

 

日本人初!北マルク諸島ハルマヘラ島東海岸 パート4 へ続く、、、

 

 

 

 

サーフィンができることに感謝して
その一瞬を大切にする気持ち
忘れず波乗り続けて下さい。

 

バリ島の最高な波に乗って
サーファーとして
生きた証
残しませんか?

 

 

12528009_541184409371715_645140656_nバリ島サーフィン写真撮影依頼

 

バリ島の最高な波で一生の思い出に残るサーフショット!

最高な波に乗って人生の宝物を撮りましょう!

 

ありがとうございます。

 

Nobu Fuku Photography

Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

Facebookページ : https://www.facebook.com/nobufukuphotography/

 

 

 

 

 

 

最近の記事

関連する記事