波乗り写真家 Nobu Fukuの旅 『アチェ 2016 ③』

NOBU FUKU

NOBU FUKU
1963年生まれ静岡県出身 サーファー&プロカメラマン 最高の波を求め1994年にインドネシアのバリ島へ移住、バリ島をベースにインドネシア各地で波乗り&撮影活動する。旅する波乗り写真家 Instagram : https://instagram.com/nobufukuphotography/

DPP_0003

Ache2016-3

 

 

 

4FEB

4N5A3562Yudi Andika

体調はまだ60%ぐらい回復しただけだが、昨日の夕方からサイズアップしてきているので、朝8時ぐらいにビーチへ水中撮影機材を持って向かった。 たまに入るセットはレフトでバレルになっている。少しだけ無理して泳ぐことにした。

 

 

DPP_0001Ai Kaneko

 

4N5A3481Rio Waida

 

4N5A3408Nao Omura

 

 

朝は1時間だけ撮影し、夕方の潮が満ちてくタイミングに合わせて再度撮影に入りベストショットをメイクする。 倒れそうになるほど疲れが溜まっているが、やらずに後で後悔するのは嫌だから、できる限りの努力をするのだ。

4N5A3618ポイントの前にあるビーチのワルンにてローカルボーイと、、、

 

 

今日も夕陽が綺麗だった…

 

 

4N5A37964N5A3736ナオちゃん、仲間達と波乗り、そして素敵なサンセットタイムを過ごす。。。

 

 

 

5FEB

4N5A3927Yudi Andika

少しだけ体調が良くなっている。 朝から泳いで撮影できそうだ。 機材はフィッシュアイのハウジング仕様、サーファーとカメラマンがポジションとタイミングを合わせないと良いショットがメイクできない。 カメラマンは波が来てからポジションを変えることはできない。予めスウェルの向きによってブレイクする波とセクションを理解して、その場所でじっと待つ。 サーファーとカメラマンが同じ波の情報を共有して良い写真を撮ることができるのだ。 カメラマンはもちろんサーファーも常にイメージを持ってなくてはならない。

 

 

4N5A3895 4N5A3948 DPP_0001 DPP_0005

 

藍ちゃん、ナオちゃん、ユディ、リオくん、みんなで波に乗りまくり〜

 

 

 

 

6FEB

4N5A4618Yudi Andika

今朝は70ー200mmハウジング仕様で撮影することにした。 波のサイズは下がった。 バレルが小さいので、マニューバー系の撮影をメインに行った。 レフトで金子藍プロと大村奈央プロのリッピング、ピークでは和井田リオプロのエアーを捉えた。

 

 

4N5A4733Ai Kaneko

 

4N5A4678

4N5A47734N5A4158Nao Omura

 

 

リオくんとピークへ移動、、、

 

4N5A4930 4N5A5170Rio Waida

 

 

4時間に及ぶ水中撮影で体はボロボロ…

明日からは波の状況を見て、撮影するかどうか考えていく予定。

 

アチェの旅は続く、、、

 

 

 

バリ島の最高な波で一生の思い出に残るサーフショット!

最高な波に乗って人生の宝物を撮りましょう!

 

12528009_541184409371715_645140656_n
バリ島サーフィン写真撮影依頼

 

 

ありがとうございます。
Nobu Fuku

 

 

 

最近の記事

関連する記事