3/11 Hawaii Day

Naoya Kimoto

Naoya Kimoto
サーフィンフォトグラフ界の巨匠、重厚なショットが魅力のKINこと木本直哉。 16才でサーフィンを覚え、20才からサーフィンフォトグラフィーの道を歩みだす。1981年から冬のハワイノースショアに通いだし、現在も最前線で活躍中。

スクリーンショット 2017-03-12 3.14.10

Komunity Project Central Coast Pro Winner  Hiroto Ohhara

 

オーストラリア・ニューサウスウエルズ州・セントラルコースト・アボカビーチで行われていた、

QS1000・コミュニティプロジェクト・セントラルコーストプロを制したのは、

前週マンリーで行われたオーストラリアオープンでも3位という好成績を収めたオオハラヒロト選手。

オーストラリアレッグの最終戦でもある今回の試合では、素晴らしいハイスコアを叩き出しての勝ち上がり方を見せ、

いよいよ今季こそクォリファイへの意気込みが感じられる結果となった。

コングラッツ!ヒロト!!

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-03-12 3.15.31 スクリーンショット 2017-03-12 3.16.44 スクリーンショット 2017-03-12 3.15.07 スクリーンショット 2017-03-11 20.35.59スクリーンショット 2017-03-11 20.35.41スクリーンショット 2017-03-11 20.35.23Winner  Hiroto Ohhara

 

クォーターファイナルからは、8点〜9点台のハイスコアをぶちかまし、

セミファイナルではニアリー満点のヒュージスコアまで叩き出し、

これぞヒロトだ!と言わんばかりのラジカルかつスピード溢れるサーフィンで堂々たる優勝を果たした。

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-03-12 3.14.37 2153315c074661c23cbbec6d79fd4f02http://www.worldsurfleague.com/events/2017/mqs/1791/komunity-project-central-coast-pro

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

本日のノースショア、さらにサイズダウンして、2〜3〜

海の色はかなり戻り、暑くキラキラとした1日になりそうだったが、今日は帰国日。

午前9時半、マヒナママの運転でサスケとともにノースを発ち、

10時半にホノルルエアポートにドロップオフ、

チェックインを済ませ、12時半のフライトを待っていたが、

放送では少し出発が遅れる見込みとか、、、

とかなんとかしてるうちに2時間が過ぎ、軽食&ソフトドリンクが配られた、

とかなんとかしてるうちにまた2時間が過ぎ、今度はフードコートで使える$20のバウチャーが手渡された、

なんかあやしい雲行きだと思いながら飯を食っていると、結局フライトはキャンセルとなり、

明日の午前4時半のフライトになってしまい、

航空会社の手配によって、空港近くのホテルにチェックインする羽目となった。

写真はニミッツハイウエイの上を走るフリーウエイで、向こうには軍のトリプラーホスピタルが見える。

世界中あちこちを旅してきて、たまにこんなことは何度もあったが、

何気にハワイでは初めてのことで、36冬目のハワイシーズンの最後はファッキンエアポートスタックとなった〜〜(ワラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

海外旅行でのインターネットご利用は、 グローバルWiFi

海外旅行でのインターネットご利用は、
グローバルWiFi

 

最近の記事

関連する記事