1/7 Hawaii Day

Naoya Kimoto

Naoya Kimoto
サーフィンフォトグラフ界の巨匠、重厚なショットが魅力のKINこと木本直哉。 16才でサーフィンを覚え、20才からサーフィンフォトグラフィーの道を歩みだす。1981年から冬のハワイノースショアに通いだし、現在も最前線で活躍中。

A63I7584 (1)

Yuma Takanuki @ Pipeline  2016.12.25  10:59am

 

本日のノースショア、朝一は北風ビュービューのオンショアコンディション、、、

波は風でケイムアップし、3〜4〜ってとこ〜

朝三あたりから風が緩み、コンディションはゲッツベター。

でも今度は雨が来たりとかで、今日はノーシュート〜〜

クリスマスデイのパイプから、年末年始ほんと波がしょぼい、、、

昨冬は年が明けるやモードが変わり、いきなりパンピングしたことが嘘のようにあいも変わらず小康状態が続いている。

なので、他のカメラマン同様、今尚あのクリスマスデイのパイプの余韻が残っているのだ。

 

 

 

 

A63I7557 A63I7558 A63I7562 A63I7566 A63I7569 A63I7575 A63I7576 A63I7578 A63I7580 A63I7582 A63I7583 A63I7584 A63I7585 A63I7586 A63I7587 A63I7588 A63I7589 A63I7595 A63I7596 A63I7598 A63I7601 A63I7603 A63I7604Yuma Takanuki @ Pipeline

 

クリスマスデイのパイプでは、ワキタ同様アウトサイドのビッグセットにフォーカスしていたタカヌキユウマ君。

ディープウエストよりもややノースよりのピークからジャイアントセットを乗り込み、

スロープの長いアウトサイドブレイクからミドルのビッグバレルにプルイン、

インサイドとは異なる肉厚のミドルバレルを見事メイクしていった。

ユウマは腰のヘルニアに悩まされ2シーズンノースをスキップしたが、今冬復帰し、

ゆっくりとしたペースで久々のノースショアを吟味しながら、

このクリスマスデイのパイプでこの一発を狙っていった。

年末一時帰国し、昨日再びハワイに戻り、今度はそのままマウイ島へ飛んで、

まずはホキーパから始め、最終的にはピアヒの波を体験してみたいと語ってくれた。

そして次のビッグスエルは来週の金〜土〜日あたりの予報。

 

 

 

npac_height_138hr

 

この低気圧のウエストノースウエストスエルが、1月13日あたりからノースにヒットしてくる。

明日からはイーストのトレードになり、その後ヴァリアブルウインドデイとなる。

いよいよミッドシーズンに突入や〜〜

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-01-04 6.14.23http://www.worldsurfleague.com/events/2017/mjun/1541/world-junior-championship

 

ワールドジュニアチャンピオンシップは、ボーイズ・ラウンドー3が行われ、

ワキタタイチ、アズチジョー、モリユウジともこのラウンドで敗れてしまった。

 

 

 

スクリーンショット 2017-01-08 5.09.05Kei Kobayashi ( USA )

 

 

 

スクリーンショット 2017-01-08 5.06.06 スクリーンショット 2017-01-08 5.06.40 スクリーンショット 2017-01-08 5.06.51 スクリーンショット 2017-01-08 5.07.12

http://www.worldsurfleague.com/events/2017/mjun/1541/world-junior-championship

 

 

 

 

 

 

 

海外旅行でのインターネットご利用は、 グローバルWiFi

海外旅行でのインターネットご利用は、
グローバルWiFi

 

最近の記事

関連する記事