サーフィン競技用ウェーブプール、木更津に⁉ 五輪直前開業予定

2020年東京五輪からサーフィンは新種目に加わり、脚光を浴びており、会場は一宮町の釣ケ崎海岸と決まっている。

サーフィン競技用の人工波施設「ウェーブプール」を建設する計画が木更津市で浮上し、24日、住民説明会が非公開で行われた。

開業は2020年の東京五輪の開幕直前を予定。

完成すれば本格的なサーフィン競技ができるため、プロサーファーの世界大会などを開催するという。

関係者によると、有名サーファーが統括する米国企業が昨年3月、日本法人(東京都港区)を設立し、建設事業に着手した。

建設予定地は、同市笹子の館山自動車道「木更津北インター」の近く。砂を採取した跡地で、東京ドームの約12個分(約57ヘクタール)の広さ。今年3月までに用地買収を終えた。

ウェーブプールの大きさは長さ580メートル、幅約150メートル。電子制御で人工波を発生する装置を備え、高さ最大約2メートルの波を起こす。

計画では今年9月に着工し、来年12月の完成を予定。開業は20年1~3月を目指し、市と開発許可をめぐる事前協議をしている。

住民説明会は、日本法人が主催し、笹子地区の「東清公民館」で開かれた。住民ら約50人が参加した。参加した男性の話では「特に反対する意見は出なかった」という。(毎日新聞より引用)

https://mainichi.jp/articles/20180625/ddl/k12/050/022000c

最近の記事

関連する記事