KOBUのウラナミ『ミュージアム』

KOBU

KOBU
KOBU:何となくで始めたサーフィン。気づけば3度の飯よりサーフィン!という程にのめりこみ、現在はプロサーファーとして奮闘中! 特技は麺上げ、趣味はお絵かき。現在、サーフアーティスト” KOBU。”としての活動も行っています。

kobu1

少しずつ肌寒くなってきましたね。

そんな時期に何となーく食べたくなるのが・・・カップラーメン。

海上がりなんかは特に、格安なうえにお湯を注ぐだけで出来上がる簡単さで、さらには体も温まり、お腹も満たされて・・・もう最高です。

 

そんな、学生時代から大変お世話になっているカップラーメンの歴史をおさめた「カップヌードルミュージアム」なる場所へ先日行ってきました。

 

海以外の遊びを思いつかなかったがゆえにたどり着いたのがこのミュージアムだった訳ですが、行ってみると、まず目に飛び込んできたのは偉業を遂げた歴代のカップヌードルたちがズラリと勢揃いした巨大空間。まさに圧巻のラインナップで、今では店頭に並んでいませんが、学生時代まさにこのカップ麺には大変お世話になりました!といった懐かしのカップ麺との再会や、カップヌードルが世の中に出始めた頃の貴重なカップ麺もあり、気づけばスッカリこのカップヌードルたちの世界にハマっていました。

kobu2

まずは工程見学から。遠足で来ていた周りの小学生たちに混じり、カップラーメンができるまでをガラスに張り付き見学。何種類かある具材の中には、「こんな具材あったの?!」と、初めて見る具材なんかもありました。

そのまま次の場所へと進んでいくと、オリジナルヌードルが作れるという体験スペースへ。

kobu3

自分のオリジナルカップ麺も完成させ、最後はカップヌードル食堂的なお店でヌードル味
のアイスを気にしつつ、宇治抹茶かき氷を食べてフィニッシュ。

たまには視点を変えてこんな体験をするのも悪くないですね~。
お土産にと作ったオリジナルヌードルは、3日後くらいに、カップヌードルの歴史を思い出しながら美味しく頂きました。

KOBU。

最近の記事

関連する記事